大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

岳温泉 岳の湯 レモネードのような酸性泉に日帰り入浴

岳の湯

日帰り入浴時間 10:00〜19:00
日帰り入浴料金 400円
露天風呂    なし
お風呂の数   内湯(男1・女1)

客室数     24室

タオル     100円(ロゴなし)

 

源泉    元湯1の2、1の3、2の2、3の2、3の3号源泉

泉質    単純酸性泉

温度                54.5度

成分総計  745mg      pH2.5


f:id:zenigame1:20220415194321j:image

 

岳温泉安達太良山山麓にある高原の温泉。

その歴史は古く、室町時代の1496年に狩人によって発見されたと言われています。岳温泉は度重なる災難に遭っては何度も復興してきた

温泉。

 

もともとは安達太良山頂に近い現在のくろがね温泉小屋付近にあり、陽日(ゆい)温泉と称して江戸時代には大いに賑わいますが、1825年に大規模な土砂崩れにより多数の死傷者を出して全滅。

その後、現在の岳温泉より少し北側まで引湯し、十文字岳温泉として再興しますが、これも戊辰戦争により焼き払われます。その後は現在よりも南の位置に深堀温泉として小規模に再興しますが、1903年大火により全焼します。ようやく1906年に現在の位置に岳温泉が再興され、現在に至りますが、東日本大震災で建物や風評被害を受け多くの旅館が倒産してしまいました。

現在は11件の旅館があり、ほんどの旅館で日帰り入浴可能。 


f:id:zenigame1:20220415194402j:image

岳の湯はヒマラヤ大通りと国道の交差点沿いにある素泊まり専門の自炊宿。旅館というよりも公衆浴場のような雰囲気。

地元のおじいちゃんで混み合います。


f:id:zenigame1:20220415194559j:image

駐車場はちょっとだけ離れた国道沿いにあります。


f:id:zenigame1:20220415195018j:image

建物に特徴はありませんが、「ゆ」の文字が目立ちます。


f:id:zenigame1:20220415195132j:image

ロビー。湯治場のような鄙びた雰囲気があります。

近代的な旅館が多い岳温泉では珍しいタイプ。

入浴料は400円で岳温泉最安です。


f:id:zenigame1:20220415201048j:image

こけしなどなど。岳温泉は岳こけしとして有名です。


f:id:zenigame1:20220415200148j:image

浴室まではながーい階段を下ります。

なのでお風呂上がりは登りになります。。。


f:id:zenigame1:20220415200611j:image

自炊用の客室が並ぶ廊下の先がお風呂です。


f:id:zenigame1:20220415200651j:image

浴室入口。男子、女子という提灯は初めて見ました。


f:id:zenigame1:20220415200751j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20220415200956j:image

浴室は内湯のみ。

泉質は単純酸性泉。少し熱め。

岳温泉は標高1500m付近に7箇所の源泉が点在しており、それらを集めて、そこから8kmにもなる日本一の長さを木管で引湯しているため、お湯が揉まれてまろやかになると言われています。効能は強い殺菌効果から湿疹や皮膚炎、肌の角質を溶かすため美肌の湯としても有名です。味はただただ酸っぱい。


f:id:zenigame1:20220415201438j:image

【温泉分析書のみかた】

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。

特殊成分として水素イオンを1mg以上含みますので、単純酸性泉となります。単純温泉ですがアルミニウム硫酸塩が主成分。

岳温泉はどの旅館も源泉が同じなため、基本的にはどこも同じ成分です