大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

座禅温泉 シャレー丸沼 スキー場併設のロッジで黄金色の濁り湯に日帰り入浴


 

 

基本情報


【日帰り入浴時間】

13:00〜17:00

【日帰り入浴料】

800円

【タオル】

150円

【露天風呂】 

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

20室

【公式HP】

https://www.marunuma.jp/winter/chalet/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号
 

 【住所】

群馬県利根郡片品村東小川4658-58

【電話番号】

0278-58-221

 

 

泉質
 

 ■源泉

座禅温泉

■泉質   

ナトリウム-カルシウム-硫酸塩泉

(含石膏芒硝泉)

■温度           

45度

■pH値

pH6.7

■成分総計  

2217mg

 

群馬県 座禅温泉ってこんなとこ


 
f:id:zenigame1:20240610231631j:image

座禅温泉は群馬県片品村にある温泉。

周辺に点在する片品、尾瀬戸倉、鎌田、白根、幡谷、丸沼温泉などどに片品温泉郷と呼ばれます。

 

丸沼高原スキー場に併設する温泉で一軒の宿があります。

 

ゲレンデに近い山小屋風の宿


f:id:zenigame1:20240610232040j:image

シャレー丸沼はスキー場のゲレンデに隣接するホテル。

シャレーとは、古民家や山小屋風の宿のこと。

スイスのアルプス山脈にあるようなアレです。

 

スキー場のホテルということで、大箱のホテルをイメージしていましたが、意外にもこぢんまりとした宿。


f:id:zenigame1:20240610232246j:image

日光白根山のロープウェイも至近距離。

日光白根山は標高2578m。関東以北の最高峰で、北海道を含めて、これより北に日光白根山を超える山はありません。

その割にはロープウェイでだいぶ上まで行けるので、難易度は高くありません。

いつかは登ってみたいです。


f:id:zenigame1:20240610232616j:image

宿の前まで車で行けます。 

標高1400mを超えるため、下界に比べて空気もだいぶひんやり。

丸沼高原から金精峠を超えると、もう奥日光。

それだけ山深い環境にあるため、空気も美味しいですね。


f:id:zenigame1:20240610232813j:image

標高が高いため、6月上旬でツツジが満開。

これはレンゲツツジという種類のよう。

真っ赤に燃えるような色がなんともキレイです。


f:id:zenigame1:20240610232923j:image

シャレー丸沼は日帰り入浴歓迎なのがありがたい。

日光白根山の登山口に近いため、登山後にも重宝しそう。


f:id:zenigame1:20240610233017j:image

館内。シャレーという名前の通り、ロッジ風で統一された館内。


f:id:zenigame1:20240610233120j:image

日帰り入浴は800円。


f:id:zenigame1:20240610233148j:image

タオルは150円。ロゴ入りです。


f:id:zenigame1:20240610233232j:image

ロビー右手は昔ながらの食堂という感じ。

シャレー丸沼は素泊まりプランのみで、宿泊客はこちらの食堂など食事を取ります。


f:id:zenigame1:20240610233358j:image

売店も山小屋風。

キャンプ場も併設されているため、キャンプに必要な品やお菓子、カップラーメンなどなど。

じゃがりこは300円でしたが、このあたりはスーパーはおろか、コンビニすら数十キロ先までもないので、この値段でも買っちゃいますね。


f:id:zenigame1:20240610233602j:image  

お風呂はロビー左手。

 

このあたりでは珍しい黄金色の濁り湯


f:id:zenigame1:20240610233645j:image

こちらが大浴場。

スキー場併設の温泉って、特徴のない単純温泉が一般的ですが

なんと茶褐色の濁り湯じゃないですか!

こんなところで濁り湯に会えるなんて想像していませんでした。


f:id:zenigame1:20240610234612j:image

というのも片品エリアは基本的に全て単純温泉

近くに濁り湯の温泉は他になく、なぜかここだけ特異な泉質なのです。お隣の丸沼温泉とも全然違う。

 

f:id:zenigame1:20240610233856j:image

泉質はナトリウム-カルシウム-硫酸塩泉。

旧泉質名で含石膏芒硝泉です。

鉄分を5.1mg含み、お湯の色や感じは伊香保温泉にかなり近い。

ただそこまで鉄の香りはしません。

 

スキー場で伊香保のような黄金の湯に入れるとは思いませんでしたねえ。


f:id:zenigame1:20240610234308j:image

しかも露天風呂もあります。

高原の緑を感じる爽やかすぎる露天風呂。

片品エリアは露天風呂がある宿が少ないのですが、その点でもシャレー丸沼は優秀です。


f:id:zenigame1:20240610234437j:image

岩組の隙間からは先ほどのレンゲツツジ

自然を感じる露天風呂って最高です。

 
f:id:zenigame1:20240610234545j:image

大駐車場ビューですが、これはこれで景色が良いです。


f:id:zenigame1:20240611000220j:image 

カランもしっかりしています。


f:id:zenigame1:20240610234709j:image 

温度は適温。本当に伊香保温泉に使っているような気分。

成分総計は2000mgを超えており、伊香保温泉の約2倍の成分量を誇ります。

循環消毒ありかは不明ですが、これだけ濃い温泉なので入っていても気にならず。


f:id:zenigame1:20240610234952j:image

予想外に素晴らしいお湯で、しばし長居してしまいました。

登山後の客で混んでるかと思いきや、この日は天気が悪かったこともあり、結局誰にも会わず。

 


f:id:zenigame1:20240610235400j:image

風呂上がりには日光白根山の伏流水も楽しむことができます。

冷たくてめっちゃうまい。

そこらのウォーターサーバーの水とは全然違いますね。

 

 

 

シャレー丸沼はスキー場併設の山小屋風ホテル。

まるで伊香保温泉のような泉質で、黄金色の濁り湯は温泉に入った満足感が高いです。泉質が良い割には、温泉好きにもあまり知られていないため、穴場かもしれません。

 

温泉分析書

 


f:id:zenigame1:20240610235318j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは2217mgで1000mgを超えます。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは硫酸塩イオンが20%を超えるので、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉です。

 

その他、鉄分が20mg以上で含鉄泉となりますが、こちらは5mgで届かず。