大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

水上温泉 松葉屋 かき氷が名物の旅館で川沿い風呂に日帰り入浴

松葉屋


 

 


 
 

1.基本情報


 
 【日帰り入浴時間】

10:00〜20:00

【日帰り入浴料金】

800円

【タオル】 

200円(ロゴあり)

【露天風呂】  

なし

【お風呂の数】 

内湯(男1・女1)

【客室数】   

13 室

【公式HP】   

http://minakami-matsubaya.com/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

2.住所・電話番号
 

 【住所】

群馬県利根郡みなかみ町小日向669

【電話番号】

0278-72-2232

 

 

3.泉質

不明

 

 

4.水上温泉について

 


f:id:zenigame1:20230530222946j:image

水上温泉谷川岳の麓に位置する温泉。群馬県でも指折りの知名度で、利根川沿いに大型旅館が立ち並びます。室町時代に発見されたと言われ、かつては湯原温泉と呼ばれていました。 


f:id:zenigame1:20230530223010j:image

 

昭和初期の上越線開通までは質素な宿のみの小さな温泉だったようですが、新幹線や関越道の開通などで、交通アクセスが格段に向上し、関東の奥座敷として栄えましたが、バブル崩壊後、多くの大型ホテルが経営不振に陥り、現在営業している旅館は10件程度。

 

昭和の面影を色濃く残す温泉街は廃墟も目立ちます。一部の高級旅館を除き、日帰り入浴には比較的寛容です。

 

5.外観・館内・お風呂

 

 


f:id:zenigame1:20230530223055j:image

松葉屋は水上温泉の中心街から少し離れた場所にある旅館。

外観はリニューアルされておらず、古き良き昭和の面影を残します。

水上温泉街は水上駅の南部が中心ですが、松葉屋は水上駅側にあります。


f:id:zenigame1:20230530223240j:image

日帰り入浴にも積極的。「日帰り入浴できます。」とのぼりが立っていてるので、入りやすいです。

時間も20時までと比較的遅くまで日帰り入浴可能です。

駐車場にはたくさんのバイク。

ツーリング利用の方も多いようです。

 


f:id:zenigame1:20230530223414j:image

こちらがロビー。外観はイマイチでしたが、ロビー周りは結構オシャレな感じになっていて、いろいろ頑張ってる感じが伝わってきます。


f:id:zenigame1:20230530224437j:image

最近流行りのゲストハウスのような感じでしょうか。

ダムカレーや豚丼なんかのメニューもありました。


f:id:zenigame1:20230530223604j:image

日帰り入浴料は800円。「パラダイス」と書かれたTシャツを着たスキンヘッドのおっちゃんが受付。

ちょっと強面でしたが、説明は丁寧。


f:id:zenigame1:20230530223807j:image

タオルは200円ですが、これが結構おしゃれ。

谷川岳がデザインされていて、ロゴも凝ってますね。

これは買う価値ありますよ。


f:id:zenigame1:20230530223938j:image

ロビーの目の前がお食事処になっている面白い構造。

気になるのはかき氷の文字。

日光天然氷を使用したふわふわのやつらしい。


f:id:zenigame1:20230530224032j:image

かき氷には相当な自信があるようで、玄関に入るといきなり

「天然氷かき氷」の看板が置かれていました。

これはとっても気になるので、かき氷ありますか?と聞いてみると、

「女将しか作れないんですよ」とのこと。

この時、女将はちょうと外出中で、名物のかき氷には残念ながらありつけませんでした。


f:id:zenigame1:20230530224652j:image

気を取り直してお風呂へ。松葉屋は利根川に立つ旅館で、お風呂は宿の最下部にあります。ロビーは2階。階段で1階へ降りて、そこから更に階段を降ります。

 

エレベーターはないので、足が悪い人にはキツイかも。階段は所々に天然の岩が露出しており、地形を活かしてお風呂が作られたことがわかります。


f:id:zenigame1:20230530224740j:image

お風呂入口。


f:id:zenigame1:20230530224939j:image

外に出れるようになっていて、テラスのような一角もありました。


f:id:zenigame1:20230530230011j:image

お風呂の扉には「パラダイス」の文字。

さきほどおじさんが着ていたTシャツと何か関係あるのでしょうか?


f:id:zenigame1:20230530225019j:image

脱衣所。お風呂に観葉植物があると、どうも昭和な匂いを感じます。


f:id:zenigame1:20230530225111j:image

こちらが大浴場。露天風呂はないですが、窓が大きくとられていて開放的。

 

f:id:zenigame1:20230530225436j:image

窓のすぐ下は利根川

割と近くに川が流れているので、ゴォーという川の轟音が響きます。

水上温泉で一番、利根川に近いお風呂だと思います。

窓は開けられるようになっているので、少し開けば半露天のようにして楽しめます。

 

f:id:zenigame1:20230530225236j:image

温泉分析書の掲示がなかったため、詳しい泉質は不明ですが、

独自源泉でなければ、旧湯という源泉を使用しているはずで、

そうだとすると、含食塩石膏泉です。

湯船の中がいびつな形になっている変なつくりなので、広めに見えますが、2人〜3人サイズくらい。

 

ですが、お湯が超絶熱い。。なかなかお湯につかれないくらいの温度で、しばし悶絶しながら、やっと入浴。

水上温泉で一番熱いお湯でした。

 

これだけ熱いお湯なら、お風呂上がりのかき氷は絶対美味しいはず。

 

松葉屋はお湯が熱いので、ぬる湯好きの人にはオススメできませんが、これだけかき氷推しの旅館も珍しいので、かき氷とセットで楽しんでみてもいいかもです。

 

まだまだあります 水上温泉

 

【水上温泉】日帰り入浴完全マスターガイド(温泉ソムリエのオススメ6選) - 大露天風呂の日記

 

【湯檜曽温泉】日帰り入浴完全マスターガイド(温泉ソムリエのオススメ3選) - 大露天風呂の日記

 

【湯の小屋温泉を入りつくせ!】日帰り入浴完全マスターガイド(温泉ソムリエのオススメ4選) - 大露天風呂の日記

 

 

6.温泉分析書の説明

 

温泉分析書の掲示がなかったため、不明です。