大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

星川温泉 志なのや旅館 超熱い!御影石の源泉かけ流し風呂に日帰り入浴

 

 
基本情報 

 
【日帰り入浴時間】

10:0〜17:00

【日帰り入浴料】

300円

【タオル】

サービス

【露天風呂】 

なし

【お風呂の数】 

内湯(男1・女1)

【客室数】

8室

【公式HP】

https://sinanoya-yudanaka.info/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号 

 
【住所】

長野県下高井郡山ノ内町平穏2925-12

【電話番号】

0263-33-3528

 

 

泉質

 
 ■源泉

星川第二ボーリング

■泉質   

ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

(含芒硝食塩泉)

■温度           

63.6度

■pH値

pH7.6

■成分総計  

1021mg

 

長野県 星川温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20240708211347j:image

 

星川温泉は長野県北部の山ノ内町にある温泉。

隣接する湯田中温泉渋温泉、星川温泉、穂波温泉、安代温泉、角間温泉上林温泉沓野温泉、地獄谷温泉を含めて湯田中渋温泉郷と呼ばれます。

 

温泉名は複数ありますが、それぞれ距離が近いため、ほぼ一体の温泉街を形成し長野県でも有数の巨大な温泉地となっています。

 

星川温泉は湯田中温泉とほぼ一緒で、湯田中駅からゆるい坂を下りたエリアにある温泉です。新しい温泉で、温泉街というよりは商店街の雰囲気。

数件の旅館がありますが、ほとんどの宿で日帰り入浴可能です。

 

木造2階建ての小さなお宿

 


f:id:zenigame1:20240708211418j:image

志なのや旅館は木造2階建ての小さなお宿。

厳密に言うと湯田中駅がある高台が湯田中温泉、高台の下は星川温泉というエリアにあたりますが、区別せずに湯田中温泉と呼ばれます。

 

こちらも細かいことを言えば星川温泉ですが、湯田中温泉と名乗っています。

てか泉質もほぼ一緒なのであまり分ける必要もなく。


f:id:zenigame1:20240708211655j:image

どこか懐かしい商店街沿いに宿があります。

渋温泉の木造旅館街もいいですが、こういうのも好きです。


f:id:zenigame1:20240708211747j:image

小さな宿ですが、駐車場はかなり広い。 

草はちょっのびのび。


f:id:zenigame1:20240708213030j:image

源泉かけ流しの宿と書いてあります。

日帰り入浴可能か電話してみたところ、「はいどうぞ」とのこと。

湯田中温泉は基本的にどこも日帰り入浴OK。

できない宿の方が少数派なのです。

 

ちなみにこちらのお宿、すっぽん料理が名物らしいです。

ガチなすっぽん料理なんて食べたことない。

ちょっと泊まってみたいかも。


f:id:zenigame1:20240708212151j:image

さっそく館内へ。

すると障子の奥から賑やかそうなじいちゃん、ばあちゃんの声。

宿の方?だと思いますが、お茶を飲みながら3人で井戸端会議中でした。

 

おそるおそる日帰り入浴をお願いすると、おじいちゃんの1人が受付してくれます。

日帰り入浴はなんと300円。安っす!


f:id:zenigame1:20240708212835j:image

タオルをお願いすると洗濯品を貸してくれました。


f:id:zenigame1:20240708212800j:image

本物のユリの花。なんともいい香りですわ。


f:id:zenigame1:20240708212542j:image

お風呂は帳場から奥へ進み、


f:id:zenigame1:20240708212730j:image

階段で下に降ります。階段の横にあるのは湯田中温泉のポスター。

なかなか斬新なデザインですよ。


f:id:zenigame1:20240708212645j:image

内湯入口。


f:id:zenigame1:20240708215056j:image

相当古そうな温泉分析書を見つけました。


f:id:zenigame1:20240708213334j:image

脱衣所。外観は小綺麗な和風旅館ですが、建物は意外と古いです。

 

サウナのように熱い!源泉かけ流し浴室


f:id:zenigame1:20240708213429j:image

こちらが内湯。おー!これこれ。この雰囲気渋くて好きです。

湯船は御影石

ですが、浴室は高温サウナのように熱気がムンムン。

ということは、、

 

f:id:zenigame1:20240708213517j:image

やっぱりお湯は超熱い。

湯船は2つありますが、どちらも甲乙つけがたい程に熱い。

悶絶しながら入るしかありません。

湯田中渋温泉はこの旅館に限らず、熱めの温泉が本当に多い。

 

頑張って入りました。

これだけ熱いとちょっとつかっただけでも、温泉に入った感がありますね。


f:id:zenigame1:20240708213747j:image

泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。

旧泉質名では含芒硝食塩泉で、湯田中温泉に多い泉質。

食塩泉といっても単純温泉に近い濃度であるため、塩っぱくはありません。むしろ芒硝の苦みのほうが感じられました。

 

もちろんのこと源泉かけ流しです。


f:id:zenigame1:20240708214155j:image

源泉は星川第二ボーリング。

たぶん宿の目の前にあったこれだと思います。

あついから危ないと書いてますね。

 

こちらの旅館は、60度のこの源泉を毎分50リットル引湯しているそう。そりゃ熱いわけです。

 

志なのや旅館は豊富な源泉かけ流し温泉が自慢。

熱いお湯に自信がある方挑戦してみては。

穴場的な感じで誰にも会うことなくゆっくり入れました。

 

温泉分析書 芒硝を含む弱食塩泉

 

f:id:zenigame1:20240708215029j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは1011mgで1000mgを超えます。陽イオンはナトリウム、陰イオンは塩化物イオンと硫酸塩イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉です。