大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

蔵王温泉 ホテル松金屋アネックス 趣ある木造の湯小屋の温泉に日帰り入浴

 

 
基本情報 
 

【日帰り入浴時間】

9:00〜21:00(受付20:00まで)

【日帰り入浴料】

900円

【タオル】

200円

【露天風呂】 

あり

【お風呂の数】 

内湯(男1・女1)

露天(男1・女1)

【客室数】

29室

【公式HP】

http://matukaneya.jp/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号 
 

【住所】

山形県山形市蔵王温泉126

【電話番号】

023-694-9706

 

 

泉質

 
 ■源泉

高見屋1号源泉、近江屋1号源泉、海老屋・山形屋源泉、

海老屋源泉、川原屋源泉

■泉質   

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

■温度           

52.3度

■pH値

pH2.1

■成分総計  

2597mg

 

山形県 蔵王温泉ってこんなところ
 


f:id:zenigame1:20240702234604j:image


蔵王温泉の起源は1900年ほど前。日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征に随行していた吉備多賀由(きびのたかゆ)が偶然発見し、矢の毒がたちまち全快したと伝えれています。

神話時代の話なのでどこまでが本当かはわかりませんが、山形県最古の温泉と言われています。長らく最上高湯などと呼ばれていましたが、1950年に蔵王温泉に改称しました。

 

30件以上の旅館や宿泊施設がある大温泉地で、特にスキーシーズンは多くの人で賑わいます。日帰り入浴にはかなり寛容でほぼ全ての旅館で可能。

日帰り入浴可能な旅館の件数は東北でも有数です。

しかも300円~500円が相場で安く湯めぐりできるのも魅力。

 

弓道場も備える旅館です


f:id:zenigame1:20240702234648j:image

ホテル松金屋アネックスは蔵王温泉の玄関口にある旅館。

アネックスと言っていますが、本館的なものはありません。

旅館建て替えの際に、新しくなるという意味でアネックスとつけたようです。


f:id:zenigame1:20240702234912j:image

日帰り入浴は蔵王温泉で最も早い朝9時からの営業。

利用しやすさもあってか日帰り入浴も割と人気で、入浴客も多く訪れます。


f:id:zenigame1:20240702235030j:image

こちらの旅館はなかなか個性的。

なんと旅館なのに弓道場を備えています。

学生の合宿利用なども多いようで、この日も弓道着に身を包んだ学生さんたちが練習中。

旅館にもちょいちょい出入りしていました。


f:id:zenigame1:20240702235239j:image

では館内へ。朝10時前に訪れましたが続々とチェックアウトのお客様。家族連れのグループが多い感じでした。


f:id:zenigame1:20240702235437j:image

日帰り入浴は900円。


f:id:zenigame1:20240702235524j:image

お風呂は渡り廊下で繋がっている西館側にあります。


f:id:zenigame1:20240702235629j:image

この先がお風呂です。


f:id:zenigame1:20240702235950j:image

蔵王温泉らしくこけし

こけしを見ると、東北の温泉に来たなあという感じがします。

 

お風呂は2箇所あります

 

f:id:zenigame1:20240702235714j:image

しばらく進むと広い空間。

松金屋アネックスには内湯と露天風呂でお風呂が2箇所あります。

日帰り入浴ではどちらも入浴可能。


f:id:zenigame1:20240702235926j:image

まずは内湯から行ってみることに。


f:id:zenigame1:20240703000155j:image

こちらが内湯。おや?お湯が無色透明。

蔵王温泉は乳白色か青白い透明なお湯のはず?

私が全く知らない源泉かなと思いましたが、こちらは人工温泉。

弱アルカリ泉と書かれていました。

温泉ではないのでここは見学だけでパス。

 

蔵王温泉は強酸性で刺激が強いため、肌が弱い人でも入れるようにとあえて人工温泉も作っているよう。

優しい旅館ですね。


f:id:zenigame1:20240703000639j:image

ということで本命の蔵王温泉の源泉へ。

露天風呂が蔵王温泉です。


f:id:zenigame1:20240703000847j:image

こちらが露天風呂。

木造の湯小屋と湯船で趣があります。

この日は混んでいたので、これは以前訪れた厳冬期の松金屋のようす。冬もなかなかいいんです。

 

泉質は酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉。

高見屋源泉など五本の源泉を混合しています。

強酸性の温泉のため、味は非常に酸っぱく、レモネードのような味。

お湯は少し熱めでした。


f:id:zenigame1:20240703001206j:image

ちなみにこの露天風呂は、先程の弓道場の目の前。

露天風呂からは弓道場ビューなのです。

なかなかお目にかかれない景色。

うっかり矢が飛んできたりはしないの?と思いましたが、

位置関係的に大丈夫そう。たぶん。


f:id:zenigame1:20240703001357j:image

お風呂上がりに蔵王のとってもおいしい水。

冷たくて大変おいしいお水でした。

 

ホテル松金屋アネックスは早朝から夜遅くまで営業しているため、日帰り入浴で利用しやすいのが魅力。

木造の趣ある温泉もオススメです。

 

温泉分析書 硫黄分多めの酸性泉

 


f:id:zenigame1:20240703001647j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは2597mgで1000mgを超えます。

陽イオンはアルミニウム、陰イオンは硫酸塩と塩化物イオンが20%を超えるので、アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉。

 

特殊成分として、水素イオンを1mg以上含むと酸性泉となりますが、こちらは8mg。

蔵王温泉では多い方です。

 

また硫黄分を2mg以上含むと硫黄泉となりますが、こちらは11mg含みます。

以上より酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉となります