大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

蔵王温泉 蔵王国際ホテル 大きな露天風呂と木の温もりを感じる内湯に日帰り入浴

 

 
基本情報 

 

【日帰り入浴時間】

12:00〜15:00

【日帰り入浴料】

1320円

【タオル】

220円

【露天風呂】 

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

51室

【公式HP】

https://www.zao-kokusaihotel.jp/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号 

 

【住所】

山形県山形市蔵王温泉933

【電話番号】

023-694-2111

 

 

泉質


 
 ■源泉

近江屋1号源泉、近江屋2号源泉

湯佐の沢1号源泉、湯佐の沢2号源泉

■泉質   

酸性・含硫黄-硫酸塩・塩化物泉

■温度           

50.1度

■pH値

pH1.6

■成分総計  

2789mg

 

山形県 蔵王温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20240630224439j:image

 

蔵王温泉の起源は1900年ほど前。日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征に随行していた吉備多賀由(きびのたかゆ)が偶然発見し、矢の毒がたちまち全快したと伝えれています。

神話時代の話なのでどこまでが本当かはわかりませんが、山形県最古の温泉と言われています。長らく最上高湯などと呼ばれていましたが、1950年に蔵王温泉に改称しました。

 

30件以上の旅館や宿泊施設がある大温泉地で、特にスキーシーズンは多くの人で賑わいます。日帰り入浴にはかなり寛容でほぼ全ての旅館で可能。

日帰り入浴可能な旅館の件数は東北でも有数です。

しかも300円~500円が相場で安く湯めぐりできるのも魅力。

 

日帰り入浴は大人気です

 


f:id:zenigame1:20240701210813j:image

蔵王国際ホテルは高台の上にある大型ホテル。

蔵王温泉でも有数の知名度と規模を誇ります。

建物はかなりキレイですが、外観は公共施設のようで温泉ホテル感はあまりなし。


f:id:zenigame1:20240701215806j:image

ちなみに蔵王四季のホテルとおおみや旅館は姉妹館で、同じ蔵王の風グループ。


f:id:zenigame1:20240701210858j:image

日帰り入浴も超歓迎。

大きな露天風呂と趣ある木造の大浴場を備え、日帰り入浴も大人気です。

そんなわけで、蔵王温泉の日帰り入浴では最も込みます。


f:id:zenigame1:20240701211212j:image

ロビーも広くて立派ですねえ。

日帰り入浴料は1320円。蔵王温泉でも最もお高い値段。

それでもお客さんがたくさん来るので、かなりの人気なのでしょう。

11時半のスタートと同時に訪れました。


f:id:zenigame1:20240701213032j:image

タオルは220円。蔵王の風グループのロゴ入り。


f:id:zenigame1:20240701211449j:image

ラウンジも清潔感あります。BGMでピアノが流れる上質な空間。


f:id:zenigame1:20240701211623j:image

お風呂は八右衛の湯という名前。

ロビーの横の細い通路の先です。

 

館内はオシャレで高級感があります


f:id:zenigame1:20240701211915j:image

ちょっと入り組んでいますが、案内があるので迷うことはないと思います。


f:id:zenigame1:20240701212511j:image

お風呂までの通路はちょいちょいオシャレで、美術館のよう。


f:id:zenigame1:20240701212001j:image

すると突然こんな空間が現れます。ここもオシャレですねえ。

失礼ながら蔵王温泉とは思えない感じ。


f:id:zenigame1:20240701212447j:image

こちらが大浴場入口。お風呂棟全体が木のぬくもりあふれる造り。

真新しい感じで高級感もあります。


f:id:zenigame1:20240701212732j:image

日帰り入浴客を意識してか、湯上り処も広く、さながら日帰り温泉施設のような感じも。


f:id:zenigame1:20240701212722j:image

森林浴ができる足湯もあります。

足湯も内湯と露天に分かれていました。


f:id:zenigame1:20240701212844j:image

大浴場入口。

 

木のぬくもりあふれる圧巻の大浴場


f:id:zenigame1:20240701213007j:image

脱衣所。

丸太の梁がむき出しの高い天井。 

床も木造で木の温もりを感じまくりです。

 

公式HPより

大浴場はこんな感じ。めっちゃいい感じですわ。

こちらも丸太の梁がむき出しの作りで、圧巻の雰囲気。

温泉情緒がありながらも高級感もあります。

 

これだけ大きなお風呂ですが源泉かけ流し。

さすがは蔵王温泉

 

蔵王温泉有数の大露天風呂



f:id:zenigame1:20240701215742j:image

こちらが露天風呂。

石造りの露天風呂は上段と下段に分かれており、2つの温度を楽しめます。

下段が少しぬるめ。

ホテルの露天風呂としては蔵王温泉最大級。

雑誌などでもよく見る蔵王を代表する露天風呂です。


f:id:zenigame1:20240701220408j:image

ちなみに冬ななるとこんな感じ。

雪景色の露天風呂もなかなか素敵です。

これは人気なのもうなずけます。


f:id:zenigame1:20240701221147j:image

雨や雪で濡れないように菅笠の用意も。

菅笠の雪見露天風呂なんて風情ありますよね。


f:id:zenigame1:20240701220115j:image

溶岩ドームのようになった湯口。

びっしりと硫黄分が付着しています。

泉質は酸性・含硫黄-硫酸塩・塩化物泉。

近江屋源泉や湯佐の沢源泉を使用しています。


f:id:zenigame1:20240701220811j:image

pHは1.6で蔵王でも有数の強酸性。

なめると強烈な収斂味(すっぱさ)があります。

硫黄分も9.5mgと比較的多めに含んでいます。

酸性度も硫黄の含有量も多めで、これぞ蔵王温泉という感じのお湯。

 


f:id:zenigame1:20240701221903j:image

お風呂上がりに一杯。

二日酔いと恋の病が治る水らしい。

 

 

蔵王国際ホテルの日帰り入浴は大人気。

大きな露天風呂と木の温もり溢れる内湯はまさに蔵王温泉を代表するお風呂の一つ。

設備充実で清潔感もあるので、万人にオススメできます。

 

 

温泉分析書 強酸性の硫黄泉


f:id:zenigame1:20240701215637j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは2789mgで1000mgを超えます。

ところが、この源泉は酸性泉として名前がつく水素を除き、陽イオンが20%を超えません。この場合どうなるかと言うと、陽イオンの名前が欠落します。これはかなり特殊な泉質です。

一方、陰イオンは硫塩イオンと塩化物イオンが20%を超えるので、硫酸塩・塩化物泉になります。

特殊成分として、水素イオンを1mg以上含むと酸性泉となりますが、こちらは20mgも含みます。

 

以上より、酸性-硫酸塩・塩化物泉となります。