大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

秋保温泉 蘭亭 陶器タイルがかわいい!畳のお風呂に日帰り入浴

 

 
基本情報 

 

【日帰り入浴時間】

11:00〜17:00(受付16:00まで)

【日帰り入浴料】

900円

【タオル】

220円

【露天風呂】 

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

68室

【公式HP】

https://www.akiu-rantei.com/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号 

 

【住所】

宮城県仙台市太白区秋保町湯元木戸保7-1

【電話番号】

0570-040-707

 

 

泉質

 

 ■源泉

亀の湯

■泉質   

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

(含塩化土類食塩泉)

■温度           

25.9度

■pH値

pH6.7

■成分総計  

1018mg

 

宮城県 秋保温泉ってこんなとこ 

 


f:id:zenigame1:20240624214955j:image

秋保(あきう)温泉は仙台の奥座敷として知られる一大温泉地。

磊々峡沿いに豪壮な大型旅館が立ち並び、東北有数の規模を誇ります。

 

その歴史は古く、古墳時代後期の欽明天皇の時代に遡ります。

秋保の湯で天皇の病が全快したことから、古くから名取の御湯と呼ばれ、有馬、道後温泉と並び日本三名湯に数えられたほど。

 

代々秋保の湯守を努めていた佐藤家が現在のホテル佐勘で、水戸屋や岩沼屋などは佐藤家と縁組をする形で宿屋を開設。

仙台の中心部から近いこともあり、昭和に入ると次々と大型旅館が建設され、宮城でも最も賑やかな温泉地となりました。

 

日帰り入浴にはかなり寛容。見るからに日帰り入浴不可そうな立派な旅館が立ち並びますが、佐勘を除くほぼ全ての旅館で日帰り入浴可能です。

 

秋保温泉では新しい旅館


f:id:zenigame1:20240624212401j:image

蘭亭は秋保温泉では比較的新しく1995年にオープンした旅館。

その名の通り、蘭をモチーフにした旅館です。

近代的な鉄筋8階建てで、翼を広げたような堂々たる建物が特徴。


f:id:zenigame1:20240624213044j:image

日帰り入浴にも積極的。秋保温泉では最も遅い16時まで受付けています。

宿泊してもそこまで高い旅館ではないため、利用しやすいのも魅力です。


f:id:zenigame1:20240624213221j:image 

旅館の横に気になるものを発見。

なんとグランピング用のドームテント。

もちろん蘭亭の施設で、グランピングのプランも人気らしい。

グランピングで、お風呂は旅館の立派な大浴場に入れる。

夕食はBBQで朝食はホテルのバイキング。

ありそうでなかった面白いプランですね。


f:id:zenigame1:20240624213449j:image

さっそく館内へ入りましょう。


f:id:zenigame1:20240624213853j:image

いきなり日帰り入浴の案内があります。

これなら入りやすい。

日帰り入浴は900円。秋保温泉ではお安めの価格設定で助かる。


f:id:zenigame1:20240624213427j:image

ロビー。仙台らしい巨大な七夕飾りがお出迎え。

2層吹き抜けでなかなか豪華です。

ちょうどチェックイン時刻前。ファミリー客が多そうな感じ。

割に混んでいて、人気旅館であることが分かります。

 

蘭をモチーフにしたお宿です


f:id:zenigame1:20240624213837j:image

蘭がモチーフなので。玄関から胡蝶蘭がお出迎えです。


f:id:zenigame1:20240624214021j:image

大浴場はエレベーターで3階です。


f:id:zenigame1:20240624214145j:image

エレベーターは外が見えるシースルー。


f:id:zenigame1:20240624214254j:image

下からみるとこんな感じ。

秋保らしく豪華な造り。シャンデリアも蘭をモチーフにしています。

ちなみにシャンデリアの下は食事会場になっています。


f:id:zenigame1:20240624214528j:image

3階に到着。几帳が飾られており、上質な和の雰囲気を演出。


f:id:zenigame1:20240624214514j:image

ちょうどロビーの真上にあたります。

仙台の七夕飾りをこんなに至近距離で見るのは初めて。

 

陶器のタイルが可愛い畳風呂


f:id:zenigame1:20240624214643j:image

大浴場入口。


f:id:zenigame1:20240624214822j:image

こちらが大浴場。


f:id:zenigame1:20240624222824j:image

大浴場は珍しい畳敷き。

抗菌性に優れ、滑りにくく、ふんわりとした感触。

畳風呂は蘭亭のウリの一つです。


f:id:zenigame1:20240624215501j:image

壁は蘭や鳥をモチーフにした陶器のタイルでかわいい感じです。


f:id:zenigame1:20240624215656j:image

内湯は2つの湯船に分かれていましたが、温度の違いなどはなし。

源泉浴槽かな?と思いましたが、そういうわけではもなさそう。


f:id:zenigame1:20240624215623j:image

続いて露天風呂へ。こちらは特に目立った点はなく、フツーな感じ。

秋保温泉にしては小さめの露天風呂。


f:id:zenigame1:20240624215806j:image

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。

旧泉質名は含塩化土類食塩泉。

亀の湯という源泉を使用。

秋保のほとんどの源泉は塩分濃度が高いのですが、こちらはかなり薄めで単純温泉に近い感じ。

循環消毒ありです。


f:id:zenigame1:20240624222808j:image 

景色はこんな感じ。

ホテルのバックヤード的な感じ。

ちょっと立てば景色は見えますが、景色面では弱め。


f:id:zenigame1:20240624223146j:image

湯上がりにお茶をいただきます。

煎茶とほうじ茶が選べるのが嬉しい。


f:id:zenigame1:20240624223234j:image

帰りにホテルのお庭を散策してみることに。


f:id:zenigame1:20240624223309j:image

ちょっと下るとホテル全容がよく見えます。蘭亭のベストショット位置。

雑誌などにもよく見るとアングルです。

 

帰ろうとすると、ちょうどチェックイン時間だったので、

玄関前には着物姿の女将さんやスタッフさんが4人ほどずらり。

チェックインするお客さんのお出迎えのようです。

 

私は逆に帰るところでしたが、日帰り入浴にも「どうもありがとうございました」と丁寧にお見送り。

なんと、車が見えなくなるまで全員で手を振っていただきました。

 

宿泊客がチェックインする超忙しい時間。

日帰り入浴客は雑に扱われても文句は言えませんが、

ここまでしてくれるなんて感動です。

次回は絶対泊まりに来ます。

 

 

蘭亭は蘭もモチーフにした女性受けも良さそうな旅館。

畳敷きのお風呂や、陶器タイルなどこだわりも感じられるお風呂です。サービスも良く、オススメの旅館です。

 

温泉分析書 カルシウムを含む弱食塩泉

 


f:id:zenigame1:20240624224019j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは1018mgで1000mgを超えます。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物泉です。