大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

秋保温泉 秋保グランドホテル まるでお城!秋保にそびえる大型ホテルに日帰り入浴

 

 
基本情報 

 

【日帰り入浴時間】

10:00〜15:00

【日帰り入浴料】

1500円

【タオル】

フェイスタオル付

【露天風呂】 

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男2・女2)

【客室数】

140室

【公式HP】

https://www.akiugrand.com/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号 

 

【住所】

宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原12-2

【電話番号】

022-397-3107

 

 

泉質

 

 ■源泉

磊々の湯

■泉質   

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

(含塩化土類食塩泉)

■温度           

84.2度

■pH値

pH7.7

■成分総計  

9034mg

 

宮城県 秋保温泉ってこんなとこ 

 


f:id:zenigame1:20240624002223j:image

 

秋保(あきう)温泉は仙台の奥座敷として知られる一大温泉地。


f:id:zenigame1:20240624002314j:image

 

磊々峡沿いに豪壮な大型旅館が立ち並び、東北有数の規模を誇ります。

その歴史は古く、古墳時代後期の欽明天皇の時代に遡ります。

秋保の湯で天皇の病が全快したことから、古くから名取の御湯と呼ばれ、有馬、道後温泉と並び日本三名湯に数えられたほど。

 

 

代々秋保の湯守を努めていた佐藤家が現在のホテル佐勘で、水戸屋や岩沼屋などは佐藤家と縁組をする形で宿屋を開設。

仙台の中心部から近いこともあり、昭和に入ると次々と大型旅館が建設され、宮城でも最も賑やかな温泉地となりました。

 

日帰り入浴にはかなり寛容。見るからに日帰り入浴不可そうな立派な旅館が立ち並びますが、佐勘を除くほぼ全ての旅館で日帰り入浴可能です。

 

秋保でもかなり目立つ!お城型グランドホテル


f:id:zenigame1:20240624002344j:image

秋保グランドホテルは本館と別館からなる大型ホテル。

客室数は140室を数え、秋保でも有数の規模を誇ります。

運営はホテル瑞鳳と同じカラカミ観光


f:id:zenigame1:20240624002535j:image

やはりなんと言っても目立つのは城のようなこの建物。

1994年に建てられた紅葉城という客室棟で、こちらが別館。


f:id:zenigame1:20240624002709j:image

もうまんま城そのものです。

かなりデカいので、国道からでも目立ちます。


f:id:zenigame1:20240624002741j:image

一方のこちらはロビーがある本館。

ここはTHEグランドホテルという昔ながらの建物ですね。


f:id:zenigame1:20240624003111j:image

日帰り入浴も超歓迎。

広大な駐車場の中央に案内看板がありました。


f:id:zenigame1:20240624003218j:image

早速館内へ。カラフルなシャンデリアがお出迎え。


f:id:zenigame1:20240624003301j:image

ロビー。館内は全体的に和洋折衷。


f:id:zenigame1:20240624004127j:image

シャンデリアがすごい。

天井は鏡になっているので、見上げるとこんな感じになります。


f:id:zenigame1:20240624003536j:image

旅館とホテルが混ざったような印象。ラウンジからは磊々(らいらい)峡を見渡すことができます。


f:id:zenigame1:20240624003407j:image

日帰り入浴は1500円。フェイスタオル付きです。


f:id:zenigame1:20240624004048j:image

料金を支払うと入浴券がもらえます。


f:id:zenigame1:20240624003600j:image

大理石とシャンデリアのエレベーターホール。

豪華というか、バブリーな感じです。

 

大浴場は2箇所あります


f:id:zenigame1:20240624003719j:image

お風呂は本館と別館にあり、男女それぞれ2箇所入れます。

日帰り入浴ではどちらも入浴できます。

メインは本館大浴場。

 

ところが、13時〜14時の間は本館大浴場は清掃中で入れず。

この時間は別館のみ。くうー タイミングが悪かった。。

1時間待てば本館も入れたのですが、時間がなかったので、別館のお風呂だけ入ることに。


f:id:zenigame1:20240624004325j:image

もみじの照明が続く廊下。

この先が別館です。あのお城の部分。


f:id:zenigame1:20240624004525j:image

こちらが別館。お城の見た目でしたが、ここはがっつり洋風な感じ。


f:id:zenigame1:20240624004641j:image

滝が配された池には錦鯉がいたり。


f:id:zenigame1:20240624004710j:image

いかにも高そうな壺が飾られていたりと、このあたりが一番バブリーな感じでした。

 

f:id:zenigame1:20240624004812j:image

お風呂はエレベーターで地下一階。


f:id:zenigame1:20240624004843j:image

大浴場入口。

別館側の大浴場は日によって男女入れ替え。

土日は三春の湯が男湯、伊達の湯が女湯になっています。


f:id:zenigame1:20240624005111j:image

脱衣所。

有名ホテルなので混んでいるかな?と思いましたが、

全然空いてました。


f:id:zenigame1:20240624005200j:image

こちらが三春の湯。

メイン浴場ではないので、ホテル規模の割には小さめ。


f:id:zenigame1:20240624195829j:image

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。

旧泉質名は含塩化土類食塩泉。

秋保温泉はほとんどの旅館が自家源泉を使用。

こちらは磊々の湯という源泉で、成分総計は9000mg超。

秋保でも有数の濃い源泉です。

 

循環消毒ありのため、そこまで塩っぱくはありませんでした。


f:id:zenigame1:20240624195545j:image

ちょっとレトロな感じで、湯船には青色のタイルを使用。

サウナと水風呂も併設されていました。

 

このサウナ、アロマ的な香りになっていて、浴室全体もスモーキーなアロマ的な香りが充満していました。


f:id:zenigame1:20240624195523j:image

露天風呂がなかなか素晴らしい。

磊々峡を望む位置に横長の露天風呂。

建仁寺垣に新緑が映える清々しい露天風呂です。

 

ただ、磊々峡の流れは絶妙に見えず。


f:id:zenigame1:20240624200134j:image

ちなみに秋保グランドホテルの裏手から磊々峡の探索通路が伸びています。ちょっと散策してみることに。


f:id:zenigame1:20240624200243j:image

五分もあるけば、こんな絶景が待ってます。

坂道をないので、楽勝で来れます。

 


f:id:zenigame1:20240624200401j:image

遊歩道はホテル瑞鳳付近まで続いています。

秋保グランドホテルからは徒歩10分程。

瑞鳳のベストビュースポットです。

 

 

秋保グランドホテルはお城のような建物が印象的。

メイン大浴場が清掃時間となる13時〜14時を避ければ、

2箇所の大浴場に入ることができます。

 

温泉分析書

 


f:id:zenigame1:20240624200738j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは9034mgで圧倒的。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉です。