大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

伊東温泉 ホテルよしの 畳と石のコントラストが美しい!美術館のようなオシャレ風呂に日帰り入浴

 

 
基本情報 

 

【日帰り入浴時間】

15:00〜22:00

【日帰り入浴料】

1000円

【タオル】

200円

【露天風呂】 

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

27室

【公式HP】

https://hpdsp.jp/hotel-yoshino/

【個人的オススメ度】

★★★★★

 

 

住所・電話番号 
 

 【住所】

静岡県伊東市松原745-5

【電話番号】

0557-36-8880

 

 

泉質
 

 ■源泉

混合泉

■泉質   

単純温泉

■温度           

53.0度

■pH値

pH8.4

■成分総計  

879mg

 

静岡県 伊東温泉ってこんなとこ

 


f:id:zenigame1:20240615202729j:image

伊東温泉は熱海と並ぶ伊豆を代表する温泉地。歴史は古く平安時代に上総介藤原資範が入湯した記録が残りますが、それ以外にはっきりとした開湯の言われはありません。江戸時代には徳川家光にお湯を献上したとされていますが、温泉地として発展したのは明治以降。

 


f:id:zenigame1:20240210171609j:image

この頃から別荘地として栄え始め、源泉が多数開発された結果、大正期以降は、東海館など今に残る豪壮な建築の老舗旅館も建てられました。700本を超える源泉があり、湧出量はなんと毎分3万4000リットル。これは熱海温泉の約2倍、温泉地としては別府、由布院に次ぐ全国三位の湧出量を誇ります。


f:id:zenigame1:20240615201838j:image

昭和レトロなハトヤやジュラクなどの大型ホテルをはじめ、大小様々な旅館があります。

日帰り入浴にはとても寛容。主要な宿のほとんどが日帰り入浴可能で、伊豆でも有数の日帰り入浴天国。

豊富な湯量から源泉かけ流しの宿が多いのも特徴です。

 

夜遅くまで日帰り入浴可能です

 

 


f:id:zenigame1:20240615202819j:image

ホテルよしのは伊東駅にほど近い山側エリアにある旅館。

鉄筋6階建ての細長い和風旅館です。


f:id:zenigame1:20240615203112j:image

駐車場は旅館から少し進んだ左側にあります。

広いので安心。

伊東温泉はどの旅館も駐車場完備なので湯巡りしやすい。

コインパーキングマストの熱海温泉とは対照的です。

旅館までは目と鼻の先。


f:id:zenigame1:20240615203244j:image

ドリルのようなおもろい形の照明。 

両側はなまこ壁で和風の雰囲気です。

右手前の小屋は源泉?のような感じでした。


f:id:zenigame1:20240615203520j:image

ロビー。日帰り入浴は1000円。

15時からと遅めのスタート。なんと夜10時まで営業しています。


f:id:zenigame1:20240615204601j:image 

大きな扇の飾り。

館内は和風で統一されています。


f:id:zenigame1:20240615204030j:image

タオルは200円。ロゴ無しです。


f:id:zenigame1:20240615203832j:image

お風呂は4階と2階の2箇所。

日帰り入浴時間帯は4階のたたみ風呂と露天風呂が男性用、

2階の岩風呂が女性用になっています。


f:id:zenigame1:20240615204158j:image

こちらのお宿は伊豆らしく金目鯛の姿煮が名物らしい。

めっちゃうまそう。

相当自信があるようで、HPを開くといきなり金目鯛が出てきます。

いつも思いますが、こういうのに添えてある里芋の剥き方が美しい。

 

畳とレンガが融合したオシャレなお風呂


f:id:zenigame1:20240615204009j:image

4階へ到着。


f:id:zenigame1:20240615204126j:image

ちょっとした階段を登ります。

なんかワクワク。


f:id:zenigame1:20240615204323j:image

木の脱衣所。こういうところはお風呂にハズレが少ない。


f:id:zenigame1:20240615204402j:image

こちらが大浴場。

おー なんかすごい。ちょっと見たことない雰囲気ですわ。

有名なホテルではないので、そこまで期待していませんでしたが、こんなすごいお風呂だったとは。

 

壁は石のレンガですが、床にはたたみが敷いてあります。

無機質な空間に畳があるので、独特な感じなのです。

畳の中に湯船が2つ。


f:id:zenigame1:20240615205011j:image

浴室は新しくて清潔感があるのですが、湯船だけはレトロなタイル造り。湯船だけは昔のままなのでしょうか?

このアンバランスがおもしろいです。


f:id:zenigame1:20240615205132j:image

湯口もタイル。泉質は単純温泉

食塩系の単純温泉です。

伊東温泉は全国3位の湧出量を誇るだけあり、ほとんどの旅館やホテルで源泉かけ流し。

こちらの旅館ももちろん源泉かけ流しです。


f:id:zenigame1:20240615205417j:image

もう一つの湯船もタイルです。

温度はどちらもほぼ変わりません。

 

露天風呂からの景色も最高


f:id:zenigame1:20240615205457j:image

こちらの宿は露天風呂もすごいんです。

内湯から見るとまるで美術館のような空間。

湯船が鏡のように青空を反射し、おしゃれな感じに見えます。

 

敢えて窓スレスレに湯船を設置しているのは、

こういう見え方も意識してそうです。

さすがです。


f:id:zenigame1:20240615205619j:image

そして露天風呂まで畳です。

たたみの内湯は見たことありますが、露天風呂までたたみというのは初めて。こだわりがすごいです。

伊東温泉で唯一の畳風呂。


f:id:zenigame1:20240615205918j:image

お湯に浸かればこんな目線。畳の向こうに日本庭園。

縁側にでも座っているかのような景色で新鮮です。


f:id:zenigame1:20240615210120j:image

四階にあるため、ちょっと背伸びをすれば景色もすごい。

右手は伊東温泉で最も有名なハトヤホテルの全景。 

その隣にはジュラクホテルも見えます。

 

ハトヤホテルも気になりますが、伊東温泉で唯一ここだけ、

主要ホテルの中で日帰り入浴不可。


f:id:zenigame1:20240615210227j:image

左手は伊東市街と海。初島も見えます。

 

ちなみにもう一つの岩風呂は割と普通のよう。

宿泊すれば朝に男女入替えになるようです。

 

湯上りどころもおススメです

 


f:id:zenigame1:20240615210422j:image

続いて2階の湯上り処へ。

受付時にオススメされたので行ってみることに。


f:id:zenigame1:20240615210800j:image

フリードリンクになんとガチャまで。

日帰り入浴客も使える湯上り処があるのは嬉しい。


f:id:zenigame1:20240615211435j:image

子供も喜びそうな感じに作っています。

 


f:id:zenigame1:20240615211533j:image

ドリンクのラインナップは緑茶、紅茶、コーヒー、レモン水。


f:id:zenigame1:20240615211624j:image

正直それよりも感動したのが、ロビーにあったぐり茶。

 

伊豆の名産で、普通の煎茶よりも苦みが抑えられ、茶葉の甘みを感じるお茶。ぐり茶という特徴的な名前は茶葉の形から。

ぐりぐりと丸い感じの茶葉が由来。

決して茶葉をぐりぐりして作っているわけではありません。

 

冷たくて、茶葉の甘みを強く感じます。すごく高級なお茶を飲んだような気分。伊豆に来たらお土産にどうぞ。

 

ホテルよしのは他ではお目にかかれない畳風呂が魅力。

独特のおしゃれな雰囲気もよく、お湯も源泉かけ流しです。

 

 

温泉分析書 食塩系の単純温泉

 


f:id:zenigame1:20240615212209j:image

 

 

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。 こちらは997mgのため、単純温泉です。 もし1000mgを超えていればナトリウム-塩化物泉となる温泉で、成分的には食塩がメインです。