大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

谷川温泉 旅館たにがわ お風呂でアイスが食える!?総檜造りの大浴場に日帰り入浴

 

 

基本情報

 

【日帰り入浴時間】

13:00〜16:00(平日のみ)

【日帰り入浴料】

1500円

【タオル】

500円(バスタオル・フェイスタオルセット)

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女)

【客室数】

28室

【公式HP】

https://www.ryokan-tanigawa.com/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号

 

 【住所】

群馬県利根郡みなかみ町谷川524-1

【電話番号】

0278-72-2468

 

泉質

 

■源泉

河鹿の湯

■泉質   

単純温泉

■温度           

 46.8度 

■pH値

pH8.4

■成分総計  

650mg

 

 

群馬県 谷川温泉ってこんなとこ

 


f:id:zenigame1:20240519211832j:image

 

谷川温泉は水上温泉郷に属する温泉。水上温泉の中心部から北へ行くこと車で5分。

谷川岳を間近に望む清流沿いに5件の旅館があります。

 

500年以上の歴史を有すると言われる温泉で、あの太宰治が滞在したことも。

水上温泉郷でも高級なお宿が集まるエリアで、大型旅館がメインの水上温泉とはちょっと違う雰囲気です。

 

日帰り入浴は平日のみです


f:id:zenigame1:20240519211913j:image

旅館たにがわは谷川温泉にある和風旅館。

昭和11年に太宰治も滞在した老舗旅館です。当時は川久保屋や谷川本館と名乗っていましたが、当時の建物は取り壊され、現在の建物となっています。

 

谷川温泉は超高級な別邸仙寿庵を初めとして、ちょっといいお宿が集まるエリア。

廃墟が立ち並ぶ水上温泉とは対照的で、どの旅館も人気があり、廃墟などは見当たりません。

 

水上温泉郷四万温泉などと比べるとどうしても食事が弱い印象。。

ですが、ここ谷川温泉は食事に定評がある旅館も多いのも特徴です。

別邸仙寿庵以外はそこまでお高い旅館はないので、人気があるのも分かります。


f:id:zenigame1:20240519212827j:image

そんな谷川温泉。日帰り入浴にはケチ。

5件のお宿がありますが、日帰り入浴可能なのは旅館たにがわのみ。

しかも、平日しか受付けてくれません。

なので、気にはなっていましたがなかなか行くことができませんでした。

 

今回たまたま平日に休みが取れたので行ってみることに。

電話してみると「お部屋はご利用されますか?」と聞かれます。

入浴のみをお願いすると、「本日は13時から16時まで受付しています」とのこと。

電話越しの対応も丁寧で、レベルが高そうな旅館の雰囲気。


f:id:zenigame1:20240519213348j:image

受付終了時刻の10分ちょっと前に駐車場に到着。

すると、作務衣を着たスタッフさんがすぐに寄ってきます。

 

時間ギリギリだったので、これは断られるかも?と焦りましたが、快く受付してくれました。


f:id:zenigame1:20240519213619j:image

スタッフの方がロビーまで案内。

玄関アプローチには谷川温泉の源泉が掛け流されています。


f:id:zenigame1:20240519213944j:image

シャンパンタワーのように積み上げられた桶に注がれる温泉。

これは温泉にも期待できそうですな。


f:id:zenigame1:20240519215614j:image 

組子細工が施された玄関ドア。

 

お香が香る高級感漂う館内


f:id:zenigame1:20240519214028j:image

館内は和モダンな雰囲気。

外観だけならすごそうな旅館のオーラはなかったのですが、館内はかなりいい感じです。

しかも足を踏み入れた瞬間、しっかりとしたお香の香り。

ここはもう間違いなく「いい旅館」。

日帰り入浴は1500円でまあまあ高いのですが納得。 

バスタオルとフェイスタオルは含まれています。


f:id:zenigame1:20240519214309j:image  

館内は基本的に和風で統一されていますが、所々にモダンなおしゃれを感じます。新しそうな感じだったので、改装で手を入れたばかりなのかも?


f:id:zenigame1:20240519214807j:image

売店もオシャレだったので、思わず一枚。

f:id:zenigame1:20240519215354j:image

宿泊客用ですがウェルカムこんにゃく。

こういうちょっとしたサービスがある旅館は好きです。


f:id:zenigame1:20240519215008j:image 

ここはラウンジ。暖炉もありますね。


f:id:zenigame1:20240519215110j:image

中庭を眺めながら入れる足湯。


f:id:zenigame1:20240519215535j:image

大浴場入口。

大浴場の字がかなりデカイですね。

 

お風呂で升酒と升アイスのサービスも


f:id:zenigame1:20240519225820j:image

大浴場の暖簾をくぐるとこんな感じ。

なんか料亭みたい。

お靴を脱いで畳の廊下を進みます。


f:id:zenigame1:20240519225955j:image 

脱衣所。ここも畳敷きです。


f:id:zenigame1:20240519230117j:image

鍵付きロッカー。どう見ても客室にあるような金庫です。

こんな感じで再利用されているのは初めて見ました。

斬新。


f:id:zenigame1:20240519230229j:image

ではお風呂へ。うーん なんて書いてあるか読めない。。

 

ちなみにこちらのお宿は、内線電話でお風呂から升酒が注文できるよう。こちらは別料金で600円。

升酒なら分かりますが、なんと升アイスのラインナップも。湯船でアイスを食べるなんて、ありそうでなかったサービス。

日帰り入浴客でも頼めるのか不明でしたが、別料金なのでお金払えば大丈夫な気がします。


f:id:zenigame1:20240519230738j:image

こちらが大浴場。大浴場も和の雰囲気。

檜造りの贅沢な内湯です。

天井も高く解放感も抜群。


f:id:zenigame1:20240519230854j:image

アーチ窓のカランもこだわりを感じます。

鏡の淵まで檜でした。


f:id:zenigame1:20240519230955j:image

反対側から見るとこんんな感じ。

何の為かは分かりませんが、瓦の屋根までついています。

屋根の下にあるヒノキの樋はかけ湯用の温泉。


f:id:zenigame1:20240519231818j:image

かけ湯も温泉なんて贅沢です。


f:id:zenigame1:20240519231147j:image

さりげなく榊?的な葉っぱが生けられていました。

神聖な雰囲気です。


f:id:zenigame1:20240519231333j:image

ヒノキの湯船はなんとも心地よい。

お湯の温度も適温でちょうどよく、いい感じです。


f:id:zenigame1:20240519231430j:image

湯口は見事な切り株。

これが湯船だったら入りたい。。

余談ですが切り株のお風呂は、山形の新高湯温泉などで入れます。

 

泉質は単純温泉。成分のメインは石膏や食塩で、切り株の縁に白っぽい温泉の析出物が付着しています。

温度が違う四本の源泉を混合して使用しています。

大きなお風呂ですが、源泉かけ流しです。

 

源泉かけ流しの単純温泉ってあまり見かけない。

まったりと包みこまれる感じで、本当に気持ちいいです。

谷川温泉はpH8.4の弱アルカリ性のの温泉のため、肌にも優しい。

 

f:id:zenigame1:20240519231727j:image

続いて露天風呂。

庭園露天風呂で景色的なものは臨めません。

その名の通り、谷川岳に最も近い谷川温泉。

なのに谷川岳が拝めないのは少々残念ですが、宿泊者専用で谷川岳が望める貸切露天風呂もあるようです。



露天風呂も和風に統一されていて落ち着きます。

露天風呂は温浴効果を高めるため、少し深めに作ってあるのだそう。

と言っても言われなければわからないくらい。

湯船に座ると、鼻くらいまでお湯につかるくらいの絶妙な高さです。


f:id:zenigame1:20240519232444j:image

ウェータージャグで冷たいお水を一杯。

 

旅館たにがわは谷川温泉で日帰り入浴可能な貴重な旅館。

平日だけしか利用できませんが、館内もお風呂も高級感がありなかなかの満足感を味わえました。

次こそは必ず升アイスを食べたいです。

 

温泉分析書 弱アルカリ性単純温泉

 


f:id:zenigame1:20240519233217j:image

 

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。 こちらは650mgのため、単純温泉です。

単純温泉と言っても何も入っていないわけではありません。 もし1000mgを超えていればナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉となる温泉です。

成分的にはお隣水上温泉を薄くした感じです。

 

た、pH8.5以上でアルカリ性とつきますが、こちらはpH8.4で惜しくも届かず。