大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

湯檜曽温泉 林屋旅館 かまぼこ屋根のレトロなモザイクタイル風呂に日帰り入浴

林屋旅館

 

 


 
 

1.基本情報
 

 【日帰り入浴時間】

9:30〜14:00

【日帰り入浴料金】

800円

【タオル】

サービス

【露天風呂】  

なし

【お風呂の数】 

内湯(男1・女1)

【客室数】   

11室

【公式HP】   

http://www.yubiso-hayashiya.jp/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

2.住所・電話番号

 

 【住所】

群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽124

【電話番号】

0278-72-3508

 

3.泉質

 

■源泉

林屋の湯

■泉質   

単純温泉

■温度           

 41.4度 

■pH値

7.9

■成分総計  

360mg

 

4.湯檜曽温泉について

 


f:id:zenigame1:20230527232401j:image

 

湯檜曽(ゆびそ)温泉は水上温泉郷に属する温泉。水上温泉の中心部から車で10分ほどの距離にあります。歴史は水上温泉よりも古く、平安時代前九年の役で敗れた安倍氏一族が落ち延び、川沿いに滔々を湧くお湯を見つけ、この地をゆのひそむ村と名付けたとか。それがいつしか「ゆびそ」という不思議な地名となり、現在まで続きます。


f:id:zenigame1:20230528202925j:image

昭和初期には水上温泉を凌ぐほど栄えた時期もありましたが、現在は小さな旅館が5件ほどの静かな温泉地となっています。

 

 

5.外観・館内・お風呂

 


f:id:zenigame1:20230528202859j:image

林屋旅館は湯檜曽温泉の中心部にある旅館。

3階建ての小さな旅館ですが、外観はキレイにリニューアルされており、小洒落た佇まい。

与謝野晶子・鉄幹夫妻も宿泊したという歴史ある旅館です。


f:id:zenigame1:20230528203757j:image

湯檜曽温泉はホテル湯の陣以外、全て小さな旅館で構成されています。大型旅館が立ち並ぶ水上温泉とは対照的な雰囲気。


f:id:zenigame1:20230528203240j:image

林屋旅館の駐車場は道路を挟んで反対側にあります。

本家旅館という大きな廃墟の横にあります。

本家旅館は前九年の役で敗れた安倍氏の末裔が営む宿でしたが、10年以上前に廃業。

ちなみに湯檜曽温泉の廃墟はここだけで、廃墟だらけの水上温泉よりはいくぶんとマシです。


f:id:zenigame1:20230528203708j:image

さっそく館内へ。すぐに女将さんが出てきてくれました。

林屋旅館は水上温泉郷で、午前中の早い時間から日帰り入浴できる貴重な旅館です。日帰り入浴料は800円。


f:id:zenigame1:20230528204052j:image

タオルをお願いすると、「一度洗ったものでもよければ」とサービスしていただきました。嬉しいロゴ入です。


f:id:zenigame1:20230528204150j:image

お風呂はロビーからすぐで、奥の階段をちょっと降りたところにしましたります。「浴室」とデカ目に書かれているので迷わないと思います。

 


f:id:zenigame1:20230528204311j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20230528204824j:image

こちらがお風呂。外観からは想像できなかったレトロ風呂。

湯船から天井に至るまで、浴室全体がレトロなタイルで装飾されています。これは素晴らしい!

 

f:id:zenigame1:20230528205009j:image

L字型の湯船の底にも様々な柄のタイルが敷かれていて、なかなか凝っています。


f:id:zenigame1:20230528205128j:image

掃除が行き届いており、レトロながらも清潔感ばっちり。


f:id:zenigame1:20230528205217j:image

天井はかまぼこ型のドーム屋根になっていて、ここにもモザイクタイルがびっしり。


f:id:zenigame1:20230528205312j:image

スキージャンプのタイル画も見逃せません。


f:id:zenigame1:20230528205401j:image

肝心の温泉ですが、ちょっと熱め。

泉質は単純温泉で、無味無臭で全く癖のないお湯。

味はちょっと苦い感じ。


f:id:zenigame1:20230528205549j:image

こちらのお宿は水上温泉郷では珍しい、完全な源泉かけ流し。

湯口から、結構な湯量の温泉が豪快に投入されています。


f:id:zenigame1:20230528205713j:image

お風呂の外は利根川の支流湯檜曽川。

外に目をやると、目の前に釣り人がいてびっくり。


f:id:zenigame1:20230528205904j:image

浴室内は湯檜曽川の渓流音と、源泉が投入されるザーザーという音が響き渡ります。

 

林屋旅館は湯檜曽温泉を源泉かけ流しで楽しめるのが魅力。

レトロなタイル風呂は水上温泉郷ではおそらくここだけ。

 

 

まだまだあります 水上温泉

 

【水上温泉】日帰り入浴完全マスターガイド(温泉ソムリエのオススメ6選) - 大露天風呂の日記

 

【湯檜曽温泉】日帰り入浴完全マスターガイド(温泉ソムリエのオススメ3選) - 大露天風呂の日記

 

【湯の小屋温泉を入りつくせ!】日帰り入浴完全マスターガイド(温泉ソムリエのオススメ4選) - 大露天風呂の日記

 

6.温泉分析書の説明 

 


f:id:zenigame1:20230528210404j:image

溶存物質が1000mg未満の場合は単純温泉になります。

こちらは360mgのため、単純温泉です。