大露天風呂の日記

現在647湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

猪苗代温泉 ホテルリステル猪苗代 レイクビューの洋風露天風呂に日帰り入浴

ホテルリステル猪苗代


 
 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度
 

 
○日帰り入浴時間 10:00〜17:00
○日帰り入浴料金 1200円

○露天風呂    あり
○お風呂の数   内湯露天(男1・女1)

○客室数     370室

○タオル     200円(ロゴなし)

〇公式HP               https://www.listel-inawashiro.jp/

○混雑度     お風呂で会った人数 3人

○個人的オススメ度 ★★★★☆

 

 

2.場所・電話番号

 

 
 〇住所  福島県耶麻郡猪苗代町川桁字天王坂2414

〇電話番号   0242-66-2233

 

 

 

 

 

3.泉質

 

 

■源泉   リステル猪苗代温泉

■泉質   アルカリ性単純温泉

■温度                25.4度

■成分総計  758mg      pH8.6

 

 

 

 4.猪苗代温泉について

 


f:id:zenigame1:20230111211751j:image

 

猪苗代温泉は福島県中央部の猪苗代町にある温泉。このエリアには大きな温泉地はなく、磐梯山麓に点々と温泉が点在しています。

猪苗代温泉も点在する温泉の一つで、ホテルリステル猪苗代という巨大リゾートホテルの敷地内にある温泉です。使用しているのはリステル猪苗代のみの自家源泉です。

 

 

5.外観・館内・お風呂

 

 


f:id:zenigame1:20230111211713j:image

ホテルリステル猪苗代は客室数400室近い巨大なリゾートホテル。

福島県下でも最大規模で、磐越道からもその姿をはっきりと確認できます。


f:id:zenigame1:20230111212558j:image

翼を広げたようなメイン棟はウイングタワーという名前で、1993年にオープンしたバブリーな建物。

ホテル裏はスキー場になっていて、冬季にもなれば多くのスキー客で賑わいます。


f:id:zenigame1:20230111212743j:image

リステル猪苗代の敷地は広大。ホテル棟の他、ハーブ園やアスレチックなどなんでもあります。お風呂はウイグンタワーにあるので、ウイングタワーに向かいますが、これだけ広いとどこが玄関なのか迷います。


f:id:zenigame1:20230111213008j:image

危うく本館の玄関に迷い込みそうになりましたが、ウイングタワーの玄関を発見。ちょうど建物の裏手にあります。

日帰り入浴はここから入ります。


f:id:zenigame1:20230111213134j:image

大理石のゴージャスなロビー。巨大リゾートホテルにふさわしい風格です。この日は11時頃に訪れたのですが、たくさんのスキー客でごった返し、フロントには長蛇の列。

これに並ぶなら諦めようかと思いましたが、日帰り入浴の受付はホテルのフロントではなく、お風呂前の入口にあります。

なのでここは素通りでオッケイ。


f:id:zenigame1:20230111213430j:image

お風呂は地下一階。

受付せずに豪華ホテルの中を歩き回るのはちょっと気が引けますが、ここは遠慮なく進みます。


f:id:zenigame1:20230111213545j:image

日帰り入浴専用の受付に到着。

日帰り入浴料は1100円。

ですがこの時間なんと大浴場は清掃中で、露天風呂しか入れないとのこと。でも入浴料は変わりません。ちょっと損した気分になりますが、露天風呂のみでも入浴したかったので、受付してもらいます。


f:id:zenigame1:20230111213931j:image

ということでお風呂ゾーンへ。

お風呂ゾーン専用のエレベーターがあります。

同じ1100円を支払うなら当然、どちらも入れたほうがお得。

片方だけしか入れない時間帯はは皆さん避けるようで、こんな大きなホテルですがお風呂ゾーンには誰もいませんでした。

清掃タイムは9時〜11時が露天風呂、11時〜14時が大浴場なので、どちらも入りたい場合は14時以降になります。

 

f:id:zenigame1:20230111214016j:image

お風呂はなんと1階と2階に分かれるスケールの大きさ。

1階は大浴場で、2階が露天風呂エリアです。

露天風呂と大浴場はお風呂内の階段でも繋がっているのですが、1階と2階のそれぞれに脱衣所があります。


f:id:zenigame1:20230111214221j:image

このエレベーターもかなりでかいです。


f:id:zenigame1:20230111214355j:image

大浴場は清掃中なので、3階の露天風呂エリアへ。

3階フロアはこんな感じで、洋風でオシャレな雰囲気。


f:id:zenigame1:20230111214524j:image

露天風呂入口。

 


f:id:zenigame1:20230111214612j:image

こちらが露天風呂。脱衣所に続き洗い場エリアがあり、その奥が露天風呂になっています。天井があるので半露天風呂という感じ。

ヨーロッパのお城のような洋風露天風呂にびっくり。


f:id:zenigame1:20230111214808j:image

露天風呂の一番奥は猪苗代湖が一望できる絶景です。

洋風な露天風呂から見える青空と湖面は、異世界にでも迷い込んだような気分になります。

ちなみに一番奥は下の大浴場へ下りる階段になっていますが、この時は清掃中なので閉鎖されていました。

 

大浴場に入れないのは損したようにも見えますが、その分空いているので、この広大な露天風呂を独り占め。結果的にはこの時間帯で大正解でした。おそらく14時以降はスキー終わりの方や、宿泊のお客さんでかなり混み合うと思います。


f:id:zenigame1:20230111215504j:image

泉質はアルカリ性単純温泉。泉温は25度と低いため加温しています。

循環消毒ありですが、この規模のお風呂ならやむ無しです。

 

リステル猪苗代は会津とは思えない洋風露天風呂が魅力の温泉。

猪苗代湖の眺めも良く、スキー場からのアクセスも良いので、スキー終わりの温泉にも最適です。

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20230111215728j:image

 

溶存物質が1000mg未満の場合は単純温泉になります。

こちらは758mgのため、単純温泉です。

 

またpH8.5以上でアルカリ性単純温泉となりますが、こちらはpH8.6でアルカリ性単純温泉です。

 

単純温泉と言っても何も入っていないわけではなく、もし1000mgを超えていれば、カルシウム-硫酸塩泉になる温泉。泉質的には石膏を主成分とする温泉です