大露天風呂の日記

現在647湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

三川温泉 にゅーゆもと 動物いっぱいのかわいいお風呂に日帰り入浴

にゅーゆもと

 

 

 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度
 

○日帰り入浴時間 10:00〜16:00
○日帰り入浴料金 500円

○露天風呂    なし
○お風呂の数   内湯(男1・女1)

〇公式HP               なし

○混雑度     ほとんど誰にも会わない

○個人的オススメ度 ★★☆☆☆

 

 

2.場所・電話番号


〇住所  新潟県東蒲原郡阿賀町五十沢2249

〇電話番号   0254-99-2022

 

 

 

3.泉質


 

■源泉   三川温泉組合2号

■泉質   ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉

      (含食塩芒硝泉)

■温度             41.5度 pH7.2

■成分総計  2094mg

 

 

 4.三川温泉について

 


f:id:zenigame1:20230101220653j:image

三川温泉は新潟と会津を結ぶ山間にある旧三川村にある温泉。かつては10件近い旅館やホテルがあった温泉地ですが、知名度はあまりなく、地元の人か温泉好きではなければ、なかなか知らない温泉だと思います。明治時代には湯治場開かれていたと言われていますが、正式な開湯は昭和3年と比較的新しい温泉です。三川温泉にはかつて「三川館」と「力館」鉄筋の大きなホテルがあったのですが、ことごとく廃業になり、建物のみが残ります。村営の「ホテルみかわ」も経営難により廃業し、今や小さな旅館のみが5件残るちょっと寂しい温泉になっています。

 

 

5.外観・館内・お風呂

 


f:id:zenigame1:20230101213743j:image

にゅーゆもとは三川温泉の一番北側にある旅館。

全部ひらがなでしかも、「にゅー」という独特の名前。

どんな旅館だろうと思っていたら、半分民家が混在しているような昔ながらの旅館でした。


f:id:zenigame1:20230101215547j:image

 

日帰り入浴できるか不明だったので、電話してみると、最悪の対応でした。まず何度言っても「は?」という感じです聞き取ってもらえない。「おたくどこからくるの?」と言われ、場所を伝えたのですが、

「どこから来るのかもわからん人を入れるわけにいかないんだわ」と言われます。しばらく押し問答が続き、「そんなに来たいならくれば?」みたいな感じで言われたので、こちらも腹が立ち切電したことがあります。

 

あれから数ヶ月。もう一度電話してみると、「16時か17時くらいまでならやってる」ということで、行ってみることにします。


f:id:zenigame1:20230101214616j:image

館内ヘ入るとこんな感じ。所々宿の方の居住スペースも混ざっているようで、右奥の部屋の障子の向こうからは話し声が。

「すみませーん」と何度か呼びましたが、人の気配がするのに全然出てもらえず。奥の間におばあちゃんもいるようでしたか、こちらもなかなか気づいてもらえない。

 

無視されてるんじゃないかと思い始めたとき、奥の間からおばあちゃんが登場。ニコニコとしためちゃめちゃかわいらしいおばあちゃんで、あの電話は何だったのかとちょっと拍子抜け。

 

このおばあちゃんが電話の声だったかはわかりませんが、「お風呂ね?」「どこから来たの?」と優しく聞かれ、答えると、ニコッと笑って「そう」という感じでした。お風呂の場所を教えてもいます。


f:id:zenigame1:20230101215534j:image

お風呂は一階で、玄関から右の廊下を進みます。


f:id:zenigame1:20230101215751j:image

脱衣所。ちょっと暗いです。


f:id:zenigame1:20230101215829j:image

お風呂のドアは、幼稚園のような超かわいい動物さんが書かれています。旅館の雰囲気からは想像できなかったので、びっくり。

これは子供さんも喜ぶと思います。


f:id:zenigame1:20230101220008j:image

こちらが浴室。露天風呂はありません。


f:id:zenigame1:20230101220033j:image

お風呂は四人くらいサイズ。旅館はちょっと高台にあるので、ちょっとだけ見晴らしも良いです。

不用意に立ったりすると、下の駐車場から見えそうな気もしますが。


f:id:zenigame1:20230101220128j:image

泉質はナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。

旧泉質名では含食塩芒硝泉。

三川温泉はどこの旅館も同じ源泉を使用しています。

循環消毒ありなので、温泉らしさは弱めです。


f:id:zenigame1:20230101220258j:image

湯口には食塩なのか白い温泉成分が付着しています。

 

にゅーゆもとは、実際訪れてみるとおばあちゃんも優しく、アットホームな旅館でした。温泉感は弱めですが、お風呂も可愛らしいので、お子さん連れにオススメです。

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20230101220627j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは溶存物質が2094mgで、見た目の割に濃い温泉。陽イオンはナトリウム、陰イオンは硫酸イオンと塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉となります。旧泉質名では含食塩芒硝泉。