大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

穴原温泉 いづみや旅館 芒硝たっぷりの岩石露天風呂に日帰り入浴

いづみや旅館
 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度

 
 
○日帰り入浴時間 11:00〜19:00

○日帰り入浴料金 700円 
○露天風呂    あり
○お風呂の数      内湯(男1・女1)

○客室数     35室

○タオル     200円(ロゴなし)

○公式HP     http://www.anabaraonsen-idumiya.jp/top.html

○混雑度        お風呂で会った人数 2人 

○個人的オススメ度 ★★★☆☆

 

2.場所・電話番号


 
〇住所 福島県福島市飯坂町湯野湯尻15

〇電話番号   024-542-5167

 

3.泉質


 
■源泉   泉屋源泉

■泉質   ナトリウム-硫酸塩泉

■温度                63度  pH8.6

■成分総計  1035mg

 

4.穴原温泉について

 


f:id:zenigame1:20221003214827j:image

 穴原温泉は奥州三名湯と呼ばれる飯坂温泉から、摺上川を2キロほど上流に行ったところにある温泉。その立地から奥飯坂と呼ばれることもありますが、飯坂温泉と源泉は完全に別です。

 

穴原温泉は奥州三名湯と呼ばれる飯坂温泉から、摺上川を2キロほど上流に行ったところにある温泉。その立地から奥飯坂と呼ばれることもありますが、飯坂温泉と源泉は完全に別です。

 

20231014200621

江戸時代中期の天保年間1841年に出羽三山の高僧の教えに従い、 摺上川沿いの岩盤を掘り下げたところ、温泉が湧き出したとされています。

 

今も続く吉川屋やいづみや旅館などはこの頃から創業している老舗旅館です。

戦前の写真にも吉川屋といずみや旅館が写っています。

奥に見える建物群はほとんどが吉川屋。この頃から大きな旅館であったことがわかります。

 

泉質は飯坂温泉と似ており、飯坂温泉を少し濃くしたような温泉です。小中規模の旅館がひしめく飯坂温泉とは異なり、大型旅館の多い温泉街です。

 

 

 

5.外観・館内・お風呂


 
f:id:zenigame1:20221003215122j:image

いづみや旅館は穴原温泉の中心部にある和風旅館。

穴原温泉の開湯に関わる老舗旅館です。

これは穴原温泉の全景を写したものですが、写真左がいづみや旅館、奥に見えるツインタワーが吉川屋です。


f:id:zenigame1:20221003231842j:image

いづみや旅館もなかなか立派なんですが、どうしても吉川屋と比べると見劣りしてしまいます。


f:id:zenigame1:20221003215408j:image

ちなみに吉川屋はこんな感じ。名実ともに穴原温泉のナンバーワン旅館です。


f:id:zenigame1:20221003215447j:image

いづみや旅館に戻ります。玄関は下り坂を降りたところにあります。

下り坂は結構急で、帰りは車がうなるほど。赤と緑の歌舞伎風の色使いが特徴的な玄関です。


f:id:zenigame1:20221003215632j:image

ロビー。最近改装されたばかりな感じ、至るところに市松模様を配した江戸風な内装になっています。入浴料は700円。

女将さんから「何かクーポンはお持ちですか?」とやたらと聞かれましたが、いづみや旅館のHPを見せると、平日限定で入浴料金が700円から500円になるようです。その時は知らなかったので普通に700円のお支払い。JAFカードでも割引になるようです。

 

タオルは200円で買えますが、ロゴ無しです。


f:id:zenigame1:20221003223230j:image

なんとなく、お風呂はこのロビーの奥かと思い込んでいましたが、


f:id:zenigame1:20221003215802j:image

なんとお風呂の入り口はフロントの真ん前。

あまりこのような位置に暖簾があるのは見たことありません。

ここから地下に階段でおります。


f:id:zenigame1:20221003221847j:image

のれんをくぐると、非常階段のようなスペースに出ます。


f:id:zenigame1:20221003222020j:image

ぐるっと回って、長ーい階段を降りてゆきます。

帰りはちょっときついです。


f:id:zenigame1:20221003222146j:image

すると、ちょっとした湯上がりコーナがあります。ここが大浴場の入り口。


f:id:zenigame1:20221003222236j:image

ちなみにいずみや旅館は岩盤浴もあり、予約制ですが日帰り入浴でも90分3300円で利用可能です。オンドル風岩盤浴ってどんなものか気になります。岩盤浴はあの吉川屋にもなく、飯坂、穴原温泉界隈では、いづみや旅館にしかありません。


f:id:zenigame1:20221003232227j:image

また11時〜23時までの好きな時間に最大6時間お部屋で滞在しながら、入浴できる神プランもありました。すごいのは一部屋5500円で、何人で使っても良いこと。5人ならなんと1000円弱になる計算。いづみや旅館さん安すぎませんか?


f:id:zenigame1:20221003222909j:image

オンドルの横にはサウナみたいな独特な形の休憩室もありました。

(サウナじゃないので暑くはありません)


f:id:zenigame1:20221003222852j:image

話がそれましたが、本題のお風呂へ。

お風呂は金剛の湯という名前。


f:id:zenigame1:20221003223203j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20221003223326j:image

洗面台。


f:id:zenigame1:20221003223359j:image

お風呂は内湯の他に露天風呂もあります。

内湯は割と混んでいたので写真はありません。

こちらが岩石露天風呂。すぐ目の前は摺上川の渓流です。

お湯は内湯も露天風呂も結構熱めです。

さすが、奥飯坂と言われるだけあって、お風呂の温度は飯坂温泉の激熱風呂を継承しています。


f:id:zenigame1:20221003223725j:image

素晴らしいのはその泉質。いづみや旅館は自家源泉を持っていますが、この源泉は穴原温泉で最も成分濃度が高く、穴原温泉で唯一、単純温泉ではありません。泉質は芒硝泉で無味無臭。成分の濃さは、お湯に入っただけではなかなかわかりませんが、いいお湯であることは間違いありません。ちなみに飯坂温泉と合わせても、単純温泉ではないのは、こことホテルジュラクの一部の源泉のみ。

 

まだまだあります 穴原温泉

 

【穴原温泉を入りつくせ!】日帰り入浴可能な旅館4件全て入ったので紹介します!(単純温泉) - 大露天風呂の日記

 

おとなり飯坂温泉もおすすめです

 

【飯坂温泉を入りつくせ!】日帰り入浴可能な旅館19件全て入ったので紹介します!(アルカリ性単純温泉) - 大露天風呂の日記

 

 

 

6.温泉分析書の説明

 



f:id:zenigame1:20221005235819j:image

 

溶存物質が1000mg以上の場合は単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%以上のものを並べて名前をつけます。こちらは溶存物質が1035mg。陽イオンはナトリウム、陰イオンは、硫酸イオンが20%を超えるので、ナトリウム-硫酸塩泉はとなります。

旧泉質名でいうところの芒硝泉。