大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

【燕温泉を入りつくせ!】日帰り入浴可能な旅館4件現地レポまとめ(2022年最新版)

 

燕温泉ってどんなとこ?



f:id:zenigame1:20220808211015j:image

燕温泉は妙高山の登山口にあたる標高1160mという高所に湧く温泉。

弘法大師によりに発見されたとも言われ、上杉謙信隠し湯として隣の関温泉と合わせて関山の湯と呼ばれていました。赤褐色の関温泉とは対称的な白色の温泉です。


f:id:zenigame1:20220808210806j:image

 

温泉街として開発されたのは意外にも新しく明治28年。現在では5件の旅館がある小さな温泉街。妙高山の登山シーズンには多くの登山客で賑わいます。日帰り入浴は樺太館以外の4件で可能です。

 


f:id:zenigame1:20220808210932j:image

泉質はカルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉と超絶長い特殊な温泉。

少し焦げ臭い硫黄の匂いが漂う乳白色の温泉ですが、硫黄泉ではありません。お湯の濁り具合は各旅館で微妙に異なります。

 

 


1.ホテル岩戸屋

 

✓ずらりと石臼が並ぶ珍露天風呂

✓観音様が見守るありがたい内湯

✓露天風呂からは大田切渓谷が一望


f:id:zenigame1:20220808211235j:image


f:id:zenigame1:20220808211454j:image


f:id:zenigame1:20220808211527j:image

 

 

基本情報

♨泉質       

 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

♨日帰り入浴時間  

 12:00~19:00

♨日帰り入浴料金  

 700円

♨住所       

 新潟県妙高市関山6087

♨電話番号     

 0255-82-3133

♨公式HP

 https://hotel-iwatoya.com/

 

www.dairotenburo.com


 

2.燕ハイランドロッジ

 

✓夏にぴったりの冷たい温泉が楽しめる

✓ブナ林を望むマイナスイオンたっぷりのお風呂

✓年代物のスキーグッズが見学できる

 


f:id:zenigame1:20220808211611j:image


f:id:zenigame1:20220808211701j:image


f:id:zenigame1:20220808211736j:image

 

 

 

基本情報

♨泉質       

 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

♨日帰り入浴時間  

 13:00~15:00

♨日帰り入浴料金  

 600円

♨住所       

 新潟県妙高市関山妙高山国有林

♨電話番号     

 0255-83-2322

♨公式HP

 http://www.2bame.jp/

 

3.源泉の湯 花文

 

✓女性露天風呂からは燕温泉随一の絶景

✓男性は激シブ内湯

✓宿オリジナルアイスが食べられる


f:id:zenigame1:20220808211834j:image


f:id:zenigame1:20220808211931j:image


f:id:zenigame1:20220808212007j:image

 

 

 

基本情報

♨泉質       

 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

♨日帰り入浴時間  

 11:00~17:00

♨日帰り入浴料金  

 男性500円 女性600円

♨住所       

 新潟県妙高市関山6087

♨電話番号     

 0255-82-3136

♨公式HP

 http://hanabun.com/

 

4.針村屋

 

✓消しゴムのかすのような面白い湯の花

✓ロッジのようなおしゃれな建物

✓混みあわないのでゆっくり入れる

 


f:id:zenigame1:20220808212043j:image


f:id:zenigame1:20220808212111j:image


f:id:zenigame1:20220808212159j:image

 

 

基本情報

♨泉質       

 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

♨日帰り入浴時間  

 11:00~17:00

♨日帰り入浴料金  

 600円

♨住所       

 新潟県妙高市関山6113-1

♨電話番号     

 0255-82-3121

♨公式HP

 なし

 

 

燕温泉の個性的な露天風呂たち

 

燕温泉には黄金の湯と河原の湯という誰でも無料で入れる有名な混浴露天風呂があります。燕温泉にきたら見逃せません。

また更に奥には、あまり知られていない温泉上級者向けの野湯もあります。

 

 

黄金の湯

✓温泉街からほど近い有名な野湯

✓乳白色の極上の露天風呂


f:id:zenigame1:20220808212358j:image

 

基本情報

♨泉質       

 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

♨日帰り入浴時間  

 24時間

♨日帰り入浴料金  

 無料

♨営業期間      

 6月上旬~11月上旬(冬季閉鎖

 

 

河原の湯

✓温泉街から徒歩30分の野湯

雄大な自然を望む湯あみを楽しめる

✓乳白色の極上の露天風呂

 


f:id:zenigame1:20220808212431j:image


f:id:zenigame1:20220808212516j:image

 

基本情報

♨泉質       

 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

♨日帰り入浴時間  

 日の出~日没まで(夜間は照明がないため危険)

♨日帰り入浴料金  

 無料

♨営業期間      

 6月上旬~11月上旬(冬季閉鎖

 

 

 

惣滝の湯

妙高山登山道から少しそれた徒歩40分以上の野湯

✓温泉マニアしか知らない知る人ぞ知る秘湯

✓場所を知らないと見つけるのは困難

✓手つかずの完全野湯なのでちょっと汚い


f:id:zenigame1:20220808212630j:image


f:id:zenigame1:20220808212704j:image

 

 

基本情報

♨泉質       

 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

♨日帰り入浴時間  

 日の出~日没(夜間は危険)

♨日帰り入浴料金  

 無料

♨営業期間      

 6月上旬~11月上旬(冬季はたどり着けない)