大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

鬼怒川温泉 鬼怒川観光ホテル ウッドテラス風の庭園露天に日帰り入浴

鬼怒川観光ホテル

 


1.入浴時間・料金・混雑度


○日帰り入浴時間 15:00〜20:00
○日帰り入浴料金 1800円
○露天風呂    あり
○お風呂の数   内湯露天(男1・女1)

○客室数     172室

○タオル     フェイスタオル・バスタオル付き

○公式HP    https://kinugawa-kanko.ooedoonsen.jp/

○混雑度     お風呂で会った人数 10人以上

○個人的オススメ度 ★★☆☆☆

 

2.場所・電話番号

 
〇住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝359-2 

〇電話番号   0288-77-1101

3.泉質

 
■源泉    鬼怒川・川治観光開発1号及び2号源泉

       小原沢市有源泉混合泉

■泉質    アルカリ性単純温泉

■温度                50.2度

■成分総計  473mg      pH9.0

 

 

4.鬼怒川温泉について

f:id:zenigame1:20220706234604j:image


鬼怒川温泉は言わずと知れた栃木を代表する巨大温泉地。


f:id:zenigame1:20220706234617j:image

 

熱海、箱根と並び東京の奥座敷と称され、超大型ホテルや旅館が鬼怒川の渓谷沿いに林立し、日本有数の収容力を誇ります。

温泉の歴史は意外と浅く、江戸時代の1691年に沼尾重兵衛という方が、鬼怒川の右岸に源泉を発見したことからと言われています。なので東照宮が完成した当時はまだ鬼怒川温泉はなかったことになります。

その後、鬼怒川温泉は幕府の直轄となり、東照宮に参拝する大名や僧侶など身分の高い限られた人しか浸かることの許されない、由緒正しき温泉でした。庶民が鬼怒川温泉に入れるようになったのは明治時代から。

当時は鬼怒川温泉ではなく滝温泉や麻屋温泉などと呼ばれていました。

火傷に特によく効くとされ、隣接する川治温泉と合わせて、傷は川治、火傷は滝(鬼怒川温泉)と呼ばれていたそうです。

1927年には東京と結ぶ鉄道が開通し、1960年代頃から大型ホテルやレジャー施設の開発が進み、現在のような巨大な温泉街となりました。団体旅行が主流だったバブル当時は大いに栄えましたが、最近は廃虚ホテル群でも名が知れるほど廃業した旅館やホテルも多いです。

とはいっても、現在でも多くのホテルや旅館が林立しにぎやなか温泉街となっています。

 

5.外観・館内・お風呂

 

f:id:zenigame1:20220706234719j:image

鬼怒川観光ホテルは1953年開業のホテル。グリーンの屋根が印象的な客室数172室を誇る巨大ホテルです。ホテルニュー岡部(現在はきぬ川ホテル三日月)や塩原温泉のホテルニュー塩原を運営していた岡部グループにより建設されました。

もともと鬼怒川観光ホテルは別館、西館、東館と3つに分かれて別々の場所にあり、三館合計すると1000名を超える収容人数を誇っていました。ちなみに本館というのはなかったようです。

その後、団体客の減少とともに、2003年頃から岡部グループの経営が行き詰まり、鬼怒川観光ホテル東館と鬼怒川観光ホテル西館は2008年に閉鎖。鬼怒川観光ホテル別館だけが大江戸温泉グループに売却され、「鬼怒川観光ホテル」として再スタートしました。

ちなみに西館は天守閣のような望楼を乗せた特異な建物だったようですが、既に跡形もなく取り壊されています。一方、東館は取り壊されておらず、鬼怒川温泉で有名な廃ホテル群の一角をなしています。


f:id:zenigame1:20220707000755j:image

玄関側から見た鬼怒川観光ホテル。鬼怒川温泉らしい昭和の大きくて立派なホテルといった感じ。

経営に行き詰まっていた時代があったとは思えないくらい、今では多くのお客さんで賑わっていました。


f:id:zenigame1:20220707001308j:image

鬼怒川温泉観光ホテルは「ホ」の字が印象的です。


f:id:zenigame1:20220707001353j:image

フロント。入浴料はなんと破格の1800円!たっ 高い。。

ホテル三日月など名だたる有名ホテルを抑え、鬼怒川温泉で最も高い日帰り入浴料金です。

大江戸温泉グループは宿泊料金の安さが魅了で大きな人気を集めていますが、日帰り入浴料金がこんなに高いとは思いませんでした。

ちなみに鬼怒川温泉で、同じ大江戸温泉グループ傘下になっているホテル鬼怒川御苑でも1000円前後です。どうしてここだけこんな高いんでしょう。


f:id:zenigame1:20220707001723j:image

ロビーはかなりの広さがあります。


f:id:zenigame1:20220707001759j:image

このホテルがすごいのは中央階段のシャンデリア。


f:id:zenigame1:20220707002125j:image

バブリーで圧巻の豪華さ。おそらく岡部グループの当時からあったものでしょう。現在はホテル三日月となっているホテルニュー岡部も相当な豪華ホテルでしたが、鬼怒川観光ホテルも所々造りが似ています。


f:id:zenigame1:20220707182842j:image

お風呂はこの中央階段を下りて、地下2階です。

エレベーターもあります。


f:id:zenigame1:20220707182944j:image

階段も大理石づくりのデラックスなもの。


f:id:zenigame1:20220707183020j:image

地下二階のフロア。石を配した庭園が現れ、突然和な感じになります。


f:id:zenigame1:20220707183055j:image

浴室入口。お風呂は鶏頂の湯と霧降の湯の2つ。

男女入れ替えはありますが、24時で入れ替えのため、日帰り入浴の時間帯は鶏頂の湯が男性用、霧降の湯が女性用になります。

霧降の湯の方が大きく、湯船も多いので、どちらかというと霧降の湯がメイン。ちなみに鶏頂とは近くにある高原山の主峰から名前をとっていると思われます。

 


f:id:zenigame1:20220707183210j:image

鬼怒川温泉らしい広い脱衣所。ロッカーは全て鍵式。


f:id:zenigame1:20220707183255j:image

洗面台。


f:id:zenigame1:20220707183342j:image

ひげそり、くし、シャワーキャップ。


f:id:zenigame1:20220707183444j:image

こちらが内湯。半円形の巨大な浴槽に奥に見える石組みから滝のように温泉が投入されます。このお風呂の作りはホテルニュー岡部(現在のきぬ川ホテル三日月)の大浴場と全く同じです。規模はホテルニュー岡部のほうが一回り大きいです。写真手前にはサウナと水風呂があります。


f:id:zenigame1:20220707183701j:image

続いて露天風呂。明らかにあとから増設したようなピカピカの廊下を進みます。


f:id:zenigame1:20220707183754j:image

露天風呂はウッドデッキのようになっていて、上も横も景色はありません。というのも、このお風呂のすぐ上は、人通りの多いふれあい橋があるため、こうしないと丸見えになるのだと思います。

景色はないですが、鬼怒川の渓谷から突き上げる風がしっかりと入ってきて気持ち良いです。


f:id:zenigame1:20220707183911j:image

ちなみにふれあい橋からみるとこんな感じ。左下のウッドテラスみたいな部分が露天風呂です。日帰り入浴時間は女性用の霧降の湯は逆にウッドテラスはなく半露天風呂みたいになっています。


f:id:zenigame1:20220707184003j:image

露天風呂は五十里の湯と竜王の湯という2つの湯船があります。どちらも温度等は一緒です。泉質はアルカリ性単純温泉

循環ろ過のため、アルカリ性温泉独特のぬるぬる感はなく、無味無臭です。

温泉感はあまりないはずですが、とても柔らかいお湯で入りやすいです。浴後はしっかりとぽかぽかします。

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20220707185235j:image

溶存物質が1000mg未満の場合は単純温泉になります。

こちらは473mgのため、単純温泉です。

 

またpH8.5以上でアルカリ性とつきますが、こちらはpH9.0のため、アルカリ性単純温泉になります。

 

単純温泉と言っても何も入っていないわけではなく、もし1000mgを超えていれば、カルシウム-硫酸塩泉になる温泉。泉質的には石膏を主成分とする温泉です。

 

7.鬼怒川温泉の日帰り入浴可能な旅館リスト

日帰り入浴時間は変更になる場合がありますので、事前の電話連絡をおすすめします。

鬼怒川温泉は主に午後から日帰り入浴受付開始の旅館が多く、午前中に日帰り入浴可能な旅館は少ないです。一方、夜は比較的遅い時間まで受け付けているところも多く、

14時~19時くらいの時間がベストタイム。鬼怒川温泉で一番人気を誇るあさやホテルは2014年から日帰り入浴不可になっています。

 

旅館名 時間 料金 紹介記事
あさやホテル 不可 不可  
鬼怒川温泉山楽 不可 不可  
鬼怒川プラザホテル 不可 不可  
鬼怒川温泉ホテル

14:00~17:00

金土日不可

1100円

www.dairotenburo.com

鬼怒川観光ホテル

15:00~20:00

受付19:00まで

1800円

www.dairotenburo.com

鬼怒川金谷ホテル 不可 不可  
鬼怒川グランドホテル 不可 不可  
鬼怒川ロイヤルホテル 不可 不可  
鬼怒川パークホテルズ 12:00~18:00 864円  
ホテル鬼怒川御苑

15:00~20:00

平日930円

土日1370円

www.dairotenburo.com

日光きぬ川ホテル三日月

12:00~19:00

受付18:00まで

平日1100円

土日1650円

www.dairotenburo.com

ホテルサンシャイン鬼怒川

11:00~14:00

受付13:00まで

1000円

www.dairotenburo.com

一心舘

12:00~21:00

受付20:00まで

土は16:00まで

1600円  

ほてる白河湯の蔵

14:00~20:00

受付19:00まで

700円

www.dairotenburo.com

ホテルニューさくら

不可 不可  
旅の宿丸京 不可 不可  
まごころの宿七重八重 不可 不可  
ホテルきぬ 不可 不可  
きぬ川国際ホテル 不可 不可  
渓流の宿緑水 不可 不可  
きぬ川不動瀧 不可 不可  
花の宿松や 不可 不可  
ホテル大滝 16:00~22:00 700円

www.dairotenburo.com

若竹の庄 不可 不可  
ホテルニューおおるり 14:00~18:00 不明  
鬼怒川仁王尊プラザ

9:00~21:00

受付20:00まで

700円

www.dairotenburo.com

きぬの宿志季大瀞

12:00~20:00

受付19:00まで

600円

www.dairotenburo.com

ホテルリブマッククスリゾート鬼怒川

13:00~22:00

受付20:00まで

500円  
佳祥坊福松 16:00~18:00 1000円  
ホテル万葉亭 不明 不明