大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

上山温泉 別館ふじや旅館 河崎エリアの一軒宿に日帰り入浴

別館ふじや旅館

日帰り入浴時間 15:00まで
日帰り入浴料金 500円
露天風呂    なし
お風呂の数   内湯(男1・女1)

タオル     120円(ロゴあり)

客室数     20室

 

源泉  上山温泉3号源泉

泉質  ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

    (含石膏食塩泉)

温度          60.5度

成分総計 2180mg      pH8.1 


f:id:zenigame1:20220314213123j:image

 

 

上山(かみのやま)温泉は室町時代の1458年の開湯。長崎の高僧月秀上人が沼地で足の傷を癒やしている鶴を見つけ、湧き出る霊泉を囲い湯治場を作ったのが始まり。その由来から、かつては鶴脛(つるはぎ)温泉と言われていました。

 

上山温泉は場所の違いから、正確には湯町、新湯、十日町、葉山、河崎、高松の6つの温泉の総称ですが、各温泉毎に泉質が異なるわけではなく一般的にはあまり区別されていません。源泉は上山温泉と葉山温泉の2系統がありますが成分はほとんど同じです。


f:id:zenigame1:20220314211601j:image

ふじや旅館は上山温泉では河崎温泉と言われる一画に位置します。

河崎温泉といっても独自源泉があるわけではなく、旅館もふじや旅館のみです。さながら国道沿いのレストランのような外観。駐車場も広めで助かります。


f:id:zenigame1:20220314211802j:image

意外とがっつり和風なロビー。上山温泉の中心街にあるあづま屋の別館という位置づけです。

ですが、あづま屋の文字は館内に全く見当たらないので、元々は別の旅館だったのかもしれません。

 

ちなみにあづま屋は上山温泉でも有数の大型旅館の一つ。なぜか休みの日が多くタイミングが合わないため、なかなか日帰り入浴できません。


f:id:zenigame1:20220314212051j:image

館内に入るといつもすぐに受付の方が出てきてくれます。

日帰り入浴には積極的な印象を受けます。

入浴料は500円です。


f:id:zenigame1:20220314212159j:image

玄関から直進し左へ廊下を進むと浴室。


f:id:zenigame1:20220314212228j:image

お水のサービス。


f:id:zenigame1:20220314212412j:image

浴室入口。


f:id:zenigame1:20220314212426j:image

脱衣所は旅館の規模に比べて大きめ目で充実しています。

大型旅館なみの大きさと清潔感。


f:id:zenigame1:20220314212544j:image

ドライヤー。


f:id:zenigame1:20220314212559j:image

浴室はL字型の内湯のみ。お湯は熱すぎずぬるすぎず適温。


f:id:zenigame1:20220314212619j:image

カランは4つ。シャンプー、ボディソープ、リンスあり。


f:id:zenigame1:20220314212645j:image

外は庭園になっています。これだけスペースがあれば露天風呂あってもいいんじゃないかと思ってしまいます。


f:id:zenigame1:20220314212751j:image

お湯はドバドバと出ていますが残念ながら循環。ですが塩素臭はなく、言われなければわからないくらい。

 

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉。

旧泉質名は含石膏食塩泉。

旧泉質名の方が断然わかりやすい。

 

循環ですが塩味ほんの少し感じます。塩素臭は感じませんでした。

pH8.1で弱アルカリ性の優しいお湯。ぬるぬる感はありません。

 

食塩泉は熱の湯とも言われ体の芯までよく温まります。

また石膏泉は痛みを和らげる鎮静作用があり切り傷等にも効能があります。


f:id:zenigame1:20220314213038j:image

【温泉分析書のみかた】

成分総計が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物と硫酸イオンが20%を超えるので、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉となります。簡単に言うと食塩と石膏の温泉です。