大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

飯坂温泉  福住旅館 名物おかめ風呂に日帰り入浴

福住旅館

日帰り入浴時間 10時〜20時
日帰り入浴料金 500円  
露天風呂    なし
お風呂の数   内湯露天(男1・女1)

タオル     200円(ロゴなし)

 

源泉   若竹分湯槽

     (大門源泉・筑前源泉・一本松源泉・第19号源泉

      24号源泉・馬場源泉・八幡内源泉・公民館源)

泉質   アルカリ性単純温泉

温度             60.2度  pH 8.53

成分総計  789mg


f:id:zenigame1:20220212195134j:image

 

 

飯坂温泉は秋保、鳴子と並び奥州三名湯に数えれる一大温泉地。福島市内からのアクセスの良さら福島の奥座敷として栄え、東北有数の巨大温泉街を形成しています。

 

歴史は古く2世紀まで遡り、日本武尊命の東夷遠征の際にこの地の佐波子湯につかり、病が全快したと伝えられています。この温泉は現在でも飯坂温泉の中心にある共同浴場の鯖湖湯という名前に残っています。松尾芭蕉も逗留し、江戸時代の頃より徐々に有名な温泉地となります。


f:id:zenigame1:20220212192530j:image

 

 

飯坂温泉は摺上川沿いに旅館がへばりつくように林立し、独特の景観を生み出しています。さながらミニ鬼怒川温泉のよう。狭いエリアに旅館が密集し、多くの旅館が廃業したとはいえ、現在でも30軒以上の旅館があります。


f:id:zenigame1:20220212192612j:image

福住旅館も川沿いにへばりつく旅館のひとつ。


f:id:zenigame1:20220213172033j:image

玄関から見ると小さく見えますが、反対側の川沿いから見ると7階建ての大きな旅館であることがわかります。

 

ちなみに福住旅館の隣の川沿いには、かつて若喜旅館という大きな旅館がありましたが、1994年に死者を出す火災を起こして以降、そのまま廃業し、現在はあとかたもありません。若喜旅館の別館の建物は少し離れた所に残っていてますが、こちらは廃墟になっています。

 


f:id:zenigame1:20220212192738j:image

飯坂温泉の旅館は狭い地域に密集しているため、駐車場がわかりにくいです。こちらの旅館も玄関前のスペースに停めるのはNG。道沿いにちょっと進んだ先にある共同浴場波来湯(はこゆ)の駐車場に停めます。


f:id:zenigame1:20220212192946j:image

ロビー。入浴料は500円。


f:id:zenigame1:20220212193014j:image

タオルはロゴ無しで200円。


f:id:zenigame1:20220212193054j:image

川沿いに建っているのでフロントは5階に位置します。お風呂はエレベーターで1階へ。


f:id:zenigame1:20220212193157j:image

お風呂前の休憩スペース。福住旅館の名物はひょっとことおかめの形をしたお風呂。右が女性用のひょっとこ風呂。左が男性用のおかめ風呂です。


f:id:zenigame1:20220212193343j:image

男湯おかめ風呂入り口。


f:id:zenigame1:20220212193426j:image

ドライヤー等あり。


f:id:zenigame1:20220212193542j:image

アメニティ類。


f:id:zenigame1:20220212193454j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20220212193524j:image

浴室は内湯と露天風呂。飯坂温泉の旅館で露天風呂がある旅館は少ないのです。シャワー、ボディソープ、シャンプー類あり。


f:id:zenigame1:20220212193637j:image

これが名物おかめ風呂。おかめの形の浴槽で底にはおかめの顔が描かれています。表情がなんとも絶妙。内湯は塩素臭あり。


f:id:zenigame1:20220212193803j:image

小さいながら露天風呂。川に面していますが、対岸も隙間なく旅館が並んでいますので目隠し高めです。


f:id:zenigame1:20220212193858j:image

露天風呂が見た対岸の様子。正面は花乃湯という旅館と切湯という共同浴場です。


f:id:zenigame1:20220212193949j:image

目の前の迫力ある建物は昔は旅館だったと思いますが、今は高齢者向けの住宅になっているようです。


f:id:zenigame1:20220212194037j:image

泉質はアルカリ性単純温泉。無味無臭です。お湯の温度は適温。


f:id:zenigame1:20220212194138j:image 

川沿いの旅館はほぼ若竹分湯槽からの引湯。

大門源泉・筑前源泉・一本松源泉・第19号源泉・24号源泉・馬場源泉・八幡内源泉・公民館源泉の実に8本の源泉を混ぜています。


f:id:zenigame1:20220212194827j:image

エレベーターにもおかめとひょっとこ。


f:id:zenigame1:20220212194858j:image

エレベーターに貼ってあったポスター。ファートンが売りみたいですが、なんなんでしょう。羽毛布団のことでしょうか。

福住旅館はおかめとひょっとこ風呂と羽毛布団がイチオシ。


f:id:zenigame1:20220212195023j:image

玄関には8時から20時となっていましたが、電話確認では10時からでした。日によって多少異なるのかもしれませんが、比較的長時間日帰り入浴を受け付けてくれます。

飯坂温泉の日帰り入浴情報リスト

旅館名 時間 料金 紹介記事
飯坂ホテルジュラク 10:00~20:00 700円

飯坂温泉 飯坂ホテルジュラク 設備充実の巨大旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

御宿かわせみ 不可 不可  
つたや旅館 13:00~20:00 500円

飯坂温泉 つたや旅館 美しすぎる青タイルの円形大理石風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

平野屋旅館 10:00~18:00 300円

 

飯坂温泉 平野屋旅館 1泊2食5000円のハイコスパ旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

 

栄楽 10:00~15:00 500円

飯坂温泉 旅館栄楽 喫茶併設旅館でアットホーム風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

福住旅館 10:00~20:00 500円

飯坂温泉 福住旅館 名物おかめ風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

なかむらや旅館 12:00~15:00 1000円

飯坂温泉 なかむらや旅館 蔵造のきれい系レトロ旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

ほりえや旅館 10:00~20:30 400円

飯坂温泉 ほりえや旅館 木造3階のレトロ旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

なかや旅館 13:00~18:00 500円

飯坂温泉 なかや旅館 温泉街のど真ん中で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

千歳旅館 不可 不可  
青葉旅館 不可 不可  
祭屋湯左衛門 13:00~20:00 1000円

飯坂温泉 祭屋湯左衛門 充実の庭園露天風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

あづま荘 不可 不可  
摺上亭大鳥 11:00~15:00 800円

飯坂温泉 摺上亭大鳥 ヒノキの香り溢れるお風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

一柳閣 14時以降 300円

飯坂温泉 一柳閣 温泉街唯一のぬる湯に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

旅館翠月 16:00~21:00 500円

飯坂温泉 ホテル翠月 ジュースがもらえるかも?激熱風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

喜久屋旅館 10:00~15:00 500円

飯坂温泉 喜久屋旅館 トゲトゲ析出物の内湯に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

双葉旅館 不可 不可  
伊勢屋旅館 7:00~23:00 800円

飯坂温泉 伊勢屋旅館 お城そっくりな老舗旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

旅館幸 不可 不可  
旅館小松や 10:30~19:00 600円

飯坂温泉 旅館小松や レトロエレベーターで行くお風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

旅館湯乃家 12:00~17:30 700円

飯坂温泉 旅館湯乃家 地上9階の絶景屋上露天風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

松島屋旅館 14:00~20:00 700円

飯坂温泉 松島屋旅館 美しすぎる大理石風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

旅館新亀 不可 不可  
宿あたご屋 不可 不可  
新松葉旅館 不可 不可  
旅館入舟 不可 不可  
飯坂叶や 不可 不可  
花乃湯 8:00~21:00 500円

飯坂温泉 花乃湯 川沿いのレトロ旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

くつろぎの宿華滝 13:00~18:00 800円

飯坂温泉 ホテル華滝 摺上川を除く円形露天風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

天竜 12:00~18:00 800円

飯坂温泉 ホテル天竜閣 かまぼこ屋根と渡り廊下が特徴的な旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記