大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

塩原温泉郷 新湯温泉 渓雲閣 たぬきだらけの旅館で日帰り入浴

渓雲閣

日帰り入浴時間 12:00〜 15:00
日帰り入浴料金 1000円  (湯巡り手形使用で500円)
露天風呂    あり
お風呂の数   内湯(男1・女1)

タオル     100円(ロゴあり) 

客室数     15室

 

源泉   共同噴気泉(なかの湯)

泉質   単純酸性硫黄温泉(硫化水素型)

温度             73.4度  pH 2.87

成分総計  305mg


f:id:zenigame1:20220130005800j:image

 

 

塩原温泉郷の開湯は806年と伝えられ、1200年以上の歴史ある温泉です。正確には塩原温泉と言う温泉はなく、塩原十一湯と呼ばれる温泉の集まりで、150もの源泉があるそうです。


f:id:zenigame1:20220131000553j:image

 

日帰り入浴も比較的に積極的に行っており、旅館共同組合の湯めぐり手形を購入すれば、なんと半額で各旅館の日帰り入浴が可能です。

塩原で日帰り入浴する際のマストアイテムですのでぜひ購入を。塩原もの語り館や各旅館で購入可能です。

 

 

新湯温泉は日塩もみじラインの入り口に位置し、あらゆと読みます。元湯温泉が江戸時代の大地震で壊滅した際に新しく湧いた温泉が新湯温泉です。現在は4軒の旅館があり、下藤屋を除き全ての旅館で日帰り入浴ができます。


f:id:zenigame1:20220130003338j:image

渓雲閣の外観。玄関のすぐ前は国道です。

日本秘湯を守る会の会員旅館。


f:id:zenigame1:20220130003505j:image

ロビーはこんな感じです。湯めぐり手形持参のため、入浴料1000円が500円になります。


f:id:zenigame1:20220130003626j:image

タオルは100円でロゴ入り。


f:id:zenigame1:20220130003654j:image

結構立派なロビーです。


f:id:zenigame1:20220130003720j:image

たぬき多め。こちらの旅館のシンボルです。新湯温泉共同浴場のむじな湯にちなんでいると思いますが、よくこれだけたぬきを集めたもんです。。


f:id:zenigame1:20220130003832j:image

ご利益ありそうなたぬき様。


f:id:zenigame1:20220130003911j:image

お風呂は右側の廊下を進むとすぐにあります。


f:id:zenigame1:20220130003950j:image

 

男湯入り口。


f:id:zenigame1:20220130004017j:image

脱衣所は少し小さめ。


f:id:zenigame1:20220130004152j:image

日帰り入浴がで入れるのは内湯のみになります。塩原元湯のような独特の硫黄泉の臭いはせず、少し焦げたよう感じの臭いのする硫黄泉です。浴槽はそこまで大きくはありません。


f:id:zenigame1:20220130004310j:image

湯口もたぬき様 

泉質は単純酸性硫黄温泉です。すっぱさはほとんど感じず、味はあまりありません。


f:id:zenigame1:20220130005252j:image

お湯使いにもこだわっているようで、かけ流しの源泉を湯口からも浴槽の下側からも注入し、常に鮮度のいいお湯になるように工夫されています。


f:id:zenigame1:20220130004336j:image

シャワーやシャンプー、ボディソープ類完備。


f:id:zenigame1:20220130004550j:image

成分総計は多くはありませんが、お湯はやわらかく、ガツンとくる硫黄泉よりもあっさりと入れる優しいお湯です。


f:id:zenigame1:20220130005030j:image

こちらの旅館は貸切で露天風呂がありますが、宿泊者専用です。この露天風呂も素晴らしいのでぜひ宿泊してみるのも良いかもしれません。

 

ちなみに夕食はありきたりの旅館飯ではなく、宿泊料金からは考えられないくらい創作に富んだ料理が出てきます。


f:id:zenigame1:20220130005647j:image

 

日帰りでも宿泊でもオススメです。