大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

上塩原温泉 まじま荘 塩原一しょっぱい温泉に日帰り入浴

まじま荘

日帰り入浴時間 10:00〜 17:00
日帰り入浴料金 500円  (湯巡り手形使用で300円)
露天風呂    あり
お風呂の数   内湯露天(男1・女1)

タオル     200円(ロゴあり) 

 

源泉   真島源泉

泉質   ナトリウム-塩化物泉

     (食塩泉)

温度             61.5度  pH 7.46

成分総計  3200mg


f:id:zenigame1:20220129220227j:image

 

塩原温泉郷の開湯は806年と伝えられ、1200年以上の歴史ある温泉です。正確には塩原温泉と言う温泉はなく、塩原十一湯と呼ばれる温泉の集まりで、150もの源泉があるそうです。

 

塩原温泉郷も多くの廃墟が目立ちますが、それでも30軒以上の旅館を有する一大温泉地となっています。

 

日帰り入浴も比較的に積極的に行っており、旅館共同組合の湯めぐり手形を購入すれば、なんと半額で各旅館の日帰り入浴が可能です。

塩原で日帰り入浴する際のマストアイテムですのでぜひ購入を。塩原もの語り館や各旅館で購入可能です。

 

塩原温泉塩原温泉郷の中で最も奥に位置し、4軒の旅館がありますが、高級旅館などが多く日帰り入浴可能なのはこちらの一軒のみです。


f:id:zenigame1:20220129214731j:image

まじま荘は国道沿いにありわかりやすいと思います。

こじんまりした旅館です。


f:id:zenigame1:20220129214840j:image

ロビーは吹き抜けになっていて開放感があります。

湯めぐり手形持参ですので500円の半額の300円を払います。


f:id:zenigame1:20220129214957j:image

タオルは200円でロゴ有り。指圧センター?

 


f:id:zenigame1:20220129220001j:image

お風呂はロビーからすぐのところにあります。


f:id:zenigame1:20220129215028j:image

脱衣所は広くロッカーもあり。ドライヤーもあります。


f:id:zenigame1:20220129215111j:image

内湯です。湯気がすごくこれが限界。。


f:id:zenigame1:20220129215151j:image

内湯は三つの湯船にわかれています。温度は熱くもなくぬるくもなくちょうどいいです。色は無色透明で臭いもありません。泉質はナトリウム-塩化物泉でいわゆる食塩泉です。


f:id:zenigame1:20220129215423j:image

ジャグジー付きの寝湯。

 

パット見なんの変哲もないお湯なんですが、ここは食塩の濃度が塩原温泉郷の中では高く、成分総計が3000mg以上もあります。と言ってもなめると塩辛いわけではなく、ちょうどお出汁のような濃さです。


f:id:zenigame1:20220129215527j:image

 

一瞬なんのお風呂かわかりませんでしたが、歩行浴用の湯船でしょえか。少し深くなっています。


f:id:zenigame1:20220129215633j:image

シャワーやシャンプー、ボディソープ類は完備です。


f:id:zenigame1:20220129215717j:image

続いて露天風呂。こちらもとてもちょうどいい温度でした。


f:id:zenigame1:20220129215748j:image

露天風呂の入口の石が滑りやすいので注意。


f:id:zenigame1:20220129215850j:image

湯口に付着しているのはおそらく食塩。


f:id:zenigame1:20220129220043j:image

【温泉分析書のみかた】

成分総計が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム・塩化物泉となります。旧泉質名では食塩泉。

成分総計は3000mg以上もありますが、ほとんどが食塩でマイルドな温泉。食塩含有量は塩原温泉郷で最多。

 

 

 

べとべとした感じはなくとても入りやすい温泉。誰にも会わずにゆっくり入れました。