大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

那須湯本温泉 喜久屋旅館 白濁の酸性泉に日帰り入浴

喜久屋旅館

  1. 日帰り入浴時間 10:30〜19:00(受付18時30分まで)
  2. 日帰り入浴料金 500円
  3. 露天風呂    なし
  4. お風呂の数   1箇所
  5. タオル     無料(貸出)

 

源泉    鹿の湯 行人の湯混合泉

泉質    単純酸性硫黄泉(硫化水素型)

温度                53.7度

成分総計  1,064mg     pH 2.36


f:id:zenigame1:20220117000049j:image

 

那須湯本温泉は1400年前に開湯とても歴史のある温泉。

共同浴場の鹿の湯を中心に温泉街を形成しています。

 

共同浴場は実は鹿の湯以外にも滝の湯、河原の湯の2カ所あるのですが、滝の湯と河原の湯は那須湯本温泉の民宿に宿泊しないと入浴できないシステムになっています。残念。。

 

ですが!

那須湯本温泉は7件の旅館全てで日帰り入浴が可能です。鹿の湯はいつも混んでいますが旅館なら同じお湯をほぼ誰にも会わずに楽しめますよ。

 

那須街道沿いは週末ともなると大渋滞しますが、那須湯本温泉は比較的静かな湯治場の雰囲気をまだ残しています。

 

今回は那須湯本温泉街中程にある喜久屋旅館さんです。

 

外観はこんな感じ。


f:id:zenigame1:20220116171354j:image

ロビーはこんな感じで入浴料500円を払います。

タオルを買おうと思ったのですが無料で貸してくれるとのこと。

お風呂までタオル持っていきますと言われ館内へ。


f:id:zenigame1:20220116171433j:image

喜久屋旅館さんはお風呂まで一度階段を上がってからまた階段を下って行かなければなりません。

慣れていないとわかりにくいかも。

 

階段をあがり。


f:id:zenigame1:20220116171710j:image

廊下を進んで


f:id:zenigame1:20220116171741j:image

 

また降ります。
f:id:zenigame1:20220116171817j:image

階段を下りると宿の方がタオルを持ってまっててくれました。

 

この複雑な構造はどうやら真ん中に帳場が挟まっているからのようです。なので宿の方は瞬時にお風呂の前へ移動できるみたいです。

 

お風呂の前はこんな感じでなかなか鄙びており雰囲気があっていい感じです。
f:id:zenigame1:20220116171905j:image


f:id:zenigame1:20220116172103j:image

お風呂は内湯のみです。

右側にあるのは寝湯で竹の枕が置かれています。

かなり浅いですがとても気持ちいいです。

お湯は少し熱め。


f:id:zenigame1:20220116171938j:image

いちよシャワーとボディソープ、シャンプーもあります。


f:id:zenigame1:20220116172047j:image

お湯は単純酸性硫黄泉です。こちらもこのあたり旅館に多い鹿の湯と行人の湯の混合泉を使用しています。お客さんには誰にも会わずゆっくり入浴できました。


f:id:zenigame1:20220116172152j:image